iPhone14 mini発売を断念? 海外メディアが報じた理由と考察 -小さい割に価格が高すぎた?

例年であれば、新型iPhoneの登場となる9月がもう目前に迫ってきているなか、「iPhone 14(仮称)」を心待ちにしている人も多いことだろう。世界のアナリストたちの予想では、「iPhone 12」、「iPhone 13」と発売されてきた「miniモデル」は、iPhone 14では断念するとみられている。

今回は、中国のIT系メディア「IT之家」が発信した“iPhone 14 mini発売断念”の理由についてお伝えしていきたい。

iPhone 14 mini 発売を断念した理由とは?

iPhone mini(Image:Rokas Tenys / Shutterstock.com)

発表前は注目を集めるiPhone miniモデルだが、実際の販売はふるわなかったという

中国のIT系メディアIT之家によると、アップルがiPhone 14 mini発売を断念した理由とはminiモデルの販売実績が悪すぎたからだという。2020年の発売以来、発表前には大きな注目を集めてきたminiモデル。しかし蓋を開けてみれば、その販売動向は発売前の意識調査とはまったく異なる結果だった。

アップルはiPhone 12シリーズではじめて、5.4インチディスプレイ搭載のminiモデルを2020年に発売した。デビュー前の注目度とは裏腹に販売には結びつかず、発売から2カ月後のiPhone総売上高に占める割合はわずか6%。予想外の結果にアップルはminiの生産終了を決定した、という報道が大きな話題を呼んでいた。

2021年に雪辱を期して発売された「iPhone 13 mini」の売れ行きは、前世代よりもさらに悪化し、販売はわずか3%に過ぎなかったという。売上高をみると、iPhone 13 miniを購入したユーザーはごくわずかだったことが伝えられている。

iPhone14 mini発売を断念? 海外メディアが報じた理由と考察 -小さい割に価格が高すぎた?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone 14iPhone 14 miniiPhoneの話題】の最新ニュースをいち早くお届けします。