楽天かPayPayかそれともイオン? 経済圏を意識した利用者増加【MMD研究所】

ここ数年、QRコード決済などを中心に意識する機会が急激に増えてきた印象のある「経済圏」という存在。「〇〇ポイントが貯まる!」など、身近なサービスのほとんどが何かしらの経済圏に属していると言っても過言では無いだろう。

今回は、そんな経済圏に関する意識調査の結果についてお伝えしながら、いま最も勢いのある経済圏は何かを考えていきたい。

楽天経済圏、断トツ人気は維持も数字は伸び悩む結果に

MMD研究所は8月10日、7月に実施した「2022年7月経済圏のサービス利用に関する調査」の結果を発表した。調査の対象となった経済圏は「ドコモ経済圏」「au経済圏」「PayPay経済圏」「楽天経済圏」「イオン経済圏」の5つだ。

経済圏を意識してサービスを利用している人の2022年4月と7月比較

(「MMD研究所」調べ)

いずれかの経済圏を「意識している」と回答した人は全体の52.0%を占め、48.5%だった4月の前回調査よりも3.5ポイントアップしている。この期間で起こった経済圏を意識することといえば7月からスタートした「マイナポイント第2弾」だろうか。筆者もポイントの受取先をどのサービスにするか悩んだが、そこで経済圏を意識しだしたという人もいるのかもしれない。

最も意識している経済圏は?

全体としてトップの楽天経済圏以外は前回調査から微増している(「MMD研究所」調べ)

そして「最も意識している経済圏」をたずねる質問で1位に輝いたのは、やはり「楽天経済圏」だった。その回答率は46.8%で、2位「ドコモ経済圏」17.5%、3位「PayPay経済圏」15.1%という結果と比較するとその断トツぶりも際立つだろう。一方で前回調査と比較して伸びてきている経済圏は3.8ポイントアップの「PayPay経済圏」だった。比較的新しい経済圏のため、これからの伸びしろに期待を寄せたいところだ。

楽天かPayPayかそれともイオン? 経済圏を意識した利用者増加【MMD研究所】のページです。オトナライフは、【マネーAEON Payau PAYPayPayQRコード決済イオンドコモ楽天ペイ経済圏】の最新ニュースをいち早くお届けします。