楽天ペイが「データ専用SIM」で利用不可に、まさかの筆者直撃!22年9月以降

人気のスマホ決済サービス「楽天ペイ」が、2022年9月以降、セキュリティ強化のため現状の「SMS認証」から「電話発信認証」に変更することになりました。これにより、データ専用SIMで運用しているスマホでは楽天ペイが使用できなくなります。何を隠そう筆者のスマホはデータ専用SIMなので、まさに直撃! この先、どのようにすれば楽天ペイを利用できるのか解説したいと思います。

楽天ペイの認証が電話発信認証に変更される!

スマホのQRコードで簡単に買い物ができるスマホ決済サービス。なかでも人気が高いのが「楽天ペイ」です。

楽天ペイは、楽天カード(クレカ)でチャージして残高払いをすると最大1.5%還元、さらに楽天カードを提示するとポイントの3重取りができ、最大2.5%もポイントがもらえるのが特徴です。

楽天経済圏にどっぷり浸かっている人なら必須のスマホ決済サービスでしょう。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

●楽天ペイ→こちら

そんな楽天ペイですが2022年9月より、セキュリティを強化するため「SMS認証」から「電話発信認証」に変更されることになりました。

ほとんどの人は音声通話可能なSIMカードを利用しているので、何の影響も受けませんが、なかには筆者のように通話はガラケー、ネット用のスマホはデータ専用SIMで運用している人もいるはずです。

もちろん、データ専用といってもSMS対応でなければ、これまでのSMS認証もクリアできないわけですが、それが電話発信認証となったため、9月から筆者は楽天ペイを利用できなくなってしまうのです。

楽天ペイのために、わざわざ割高な音声対応SIMカードにするわけにもいきませんし……。いったいどうすればいいのでしょうか?

●楽天ペイ「電話番号の認証方法変更について」→こちら

楽天ペイ「電話番号の認証方法変更について」

スマホで利用できるSIMには、電話ができる音声通話SIM、データ専用SIM(SMSあり)、データ専用SIM(SMSなし)の3種類あるが、筆者はデータ専用(SMSあり)なので、9月から楽天ペイが使えないことに……(画像は楽天ペイより転載)

楽天ペイが「データ専用SIM」で利用不可に、まさかの筆者直撃!22年9月以降のページです。オトナライフは、【マネーeSIMpovo2.0デュアルSIM楽天楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。