今さら聞けない「ネット銀行」って何? メリットとデメリットを解説

アナタは「ネット銀行」の口座を持っていますか? ネット銀行はスマホでサクッと振込ができたり、普通の銀行より金利が高めで、ATMや振込手数料が無料になるといったメリットがあるので、今どきネット銀行の口座をひとつくらい持っていても損はありません。「でも、ネット銀行ってよく分からないし何となく不安……」と言う人もいるでしょう。そこで今回は、ネット銀行のメリットとデメリットについて初心者にも分かりやすく解説しましょう。

そもそも「ネット銀行」って何? 大手銀行と何が違うの?

まず、「ネット銀行」とは“実店舗を持たずインターネット上でサービスを提供する銀行”のことです。たとえば、楽天銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、PayPay銀行、auじぶん銀行、UI銀行(東京きらぼしFG)などは、実店舗がない「ネット専業銀行」として有名です。

また、イオン銀行、新生銀行、東京スター銀行、あおぞら銀行 BANK支店などは実店舗もありますが、ネット専業銀行に近いサービスを提供しているので、筆者は「準ネット銀行」と呼ぶことにしています。

これらネット銀行の特徴は「ネットで口座が開設できる」「スマホで振込ができる」「通帳が発行されない」「金利が高め」「ATMや振込手数料が無料になる」といった特徴があります。

しかし、最近は大手銀行でもインターネットサービスがかなり充実してきており、新規口座開設では通帳も発行されなくなっています。そのため、実店舗を持っている準ネット銀行との線引きは少々難しくなっていることはご了承ください。

ネット銀行では基本的に通帳は発行されない

ネット銀行では基本的に通帳は発行されないが、スマホで入出金や残高を確認できる。もちろん、キャッシュカードは発行されることが多いが、最近はスマホでATMを操作できる「スマホATM」なども利用できる(筆者撮影)

東京スター銀行

東京スター銀行は首都圏のローカル銀行で、実店舗を31店も構えているため「ネット銀行」とは言えない。しかし、ネットサービスが充実しているので、筆者は「準ネット銀行」に分類している(筆者撮影)

今さら聞けない「ネット銀行」って何? メリットとデメリットを解説のページです。オトナライフは、【マネーauじぶん銀行PayPay銀行あおぞら銀行BANK支店イオン銀行ソニー銀行ネット銀行住信SBIネット銀行楽天銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。