スマホ月額利用料金に下げ止まりの兆し、理由は5Gユーザー増加?【MM総研調べ】

数年前に比べると携帯の月額利用料が安くなったと感じる読者は多いだろう。「楽天モバイル」の参入、新プランやMVNOなどの格安料金プランが浸透し、その影響を受けて、ここ数年は「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の3大キャリアも値下げ傾向にあった。しかし、とうとう月額利用料の下げ止まりの兆しが見えてきたという。

今回は、2022年7月のスマホにかかる料金データを参照に、下げ止まりの理由を考えていこう。

スマホ利用者の月額利用料金は4,549円、前回調査から微減

スマートフォン利用者の平均月額利用料金の推移

5Gプランと4Gプランのユーザーで月額利用料に差があることも下げ止まりの理由の一つだ(「MM総研」調べ)

ICT市場調査コンサルティングのMM総研が2022年08月25日に発表した調査結果によると、スマホ利用者全体の2022年7月の調査で判明した月額利用料金は「4,549円」。前回、2021年12月に行われた調査から、わずか68円の減少だった。この減少額は直近2回の調査と比べて小幅な変化となっている。

ドコモ、au、ソフトバンクに楽天モバイルを加えた4大キャリアのユーザーに限ると、平均月額利用料金「5,493円」で、前回調査の「5,146円」より347円の増加となった。また、「ワイモバイル」、「UQモバイル」の新プラン利用者は「2,223円」、MVNO利用者全体では「1,956円」。この下げ止まり傾向は5G対応プランを契約するユーザーの増加が要因ともいわれている。5G対応プランは4Gプランよりも割高で、調査結果でも5Gプラン契約者の月額利用料は「5,147円」となり、4Gプラン契約者の「4,328円」よりも819円高いことがわかる。

スマートフォン利用者の平均月額利用料金の推移

(「MM総研」調べ)

また、スマホ購入金額は平均「61,050円」で、前回調査から323円の増加だ。この理由もやはり、新規に購入されたスマホが、近年のハイスペック化に伴う高額化や、5G非対応よりも高額な5G対応の機種が多かった影響だと考えられる。また、5G対応iPhoneの平均購入金額は「94,479円」にものぼり、5G対応Androidスマホよりも約35,000円も高いことが明らかになった。

スマホ月額利用料金に下げ止まりの兆し、理由は5Gユーザー増加?【MM総研調べ】のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidauiPhoneスマホソフトバンクドコモ楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。