格安SIMで利用できる「eSIM」サービスまとめ【2022年9月最新版】

最近、格安SIMでも物理SIMカードを利用せずにスマホが使える「eSIM」サービスが増えてきました。eSIMを使うとキャリアの乗り換えがスムーズになるほか、ひとつのスマホで異なる回線を同時に利用できるデュアルSIM運用もしやすいので、興味のある人も多いでしょう。そこで今回は、2022年9月時点で格安SIMが提供する「eSIM」サービスについて解説します。

そもそも「eSIM」って何? どんなことができるの?

スマホで電話をかけたりネットに接続するには「SIMカード」が必要になりますが、最近は物理SIMカードを使わない「eSIM」に対応する格安SIMも増えています。

eSIMとはスマホ本体に内蔵されたSIM機能を持つチップのことです。eSIMはキャリアの契約情報を書き換えることができますので、キャリアを乗り換えるときも、SIMカードが到着するのを待たずに、自宅にいながら簡単に手続きできるのが大きなメリットです。

たとえば、ドコモとauなど異なる2つの回線をひとつのスマホで同時に利用できる「デュアルSIM運用」も、eSIM対応スマホなら簡単にできるので、万一、大規模通信障害が起きても安心ですね。

もし、eSIMについてさらに詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

こちらは通常の物理SIMカード

こちらは通常の物理SIMカード。スマホに挿入して利用するが、eSIM対応機種なら内蔵チップを書き換えるだけでキャリアの乗り換えができる。また、物理SIMカードと同時にeSIMを利用するデュアルSIM運用も可能だ(筆者撮影)

IIJmioはドコモ回線のデータ専用プランをeSIMで利用可能

IIJmio(アイアイジェイミオ)は、格安SIMのなかでいち早くeSIMに対応しました。対応プランは「ギガプラン」と「データプラン ゼロ(eSIM)」が利用できます。

ただし、eSIMはドコモ回線のデータ専用SIMとなっています。音声通話には対応しない点はご注意ください。

eSIMに対応したIIJmio

格安SIMとしてはいち早くeSIMに対応したIIJmio。データ専用で料金が安いため、povo2.0などとデュアルSIM運用するのに向いている(画像はIIJmio公式さいとより転載)

まず、「ギガプラン」のeSIMを紹介しましょう。こちらは月2GBで月額440円から利用でき、最大で月20GB(月額1,650円)まで用意されています。

●IIJmio「ギガプラン」→こちら

■ギガプラン(eSIM)の料金

プラン(容量) 月額料金
2GB 440円
4GB 660円
8GB 1,100円
15GB 1,430円
20GB 1,650円

ドコモ回線のデータ通信専用になるが、月2GBが月額440円で利用できるのはかなりリーズナブル(表はIIJmio公式サイトを元に筆者が作成)

次に、「データプラン ゼロ(eSIM)」を紹介しましょう。こちらは月額165円(0GB)で契約でき、高速データ通信を行うには追加データ(バンドルクーポン)を契約するシステムになっています。

バンドルクーポンは1GBが330円、以降2GB~10GBまでは1GBにつき495円で追加できます。つまり、月1GBの場合は基本料165円+1GBデータクーポン330円=495円で利用できます。

●IIJmio「データプラン ゼロ(eSIM)」→こちら

■データプラン ゼロ(eSIM)の料金プラン

プラン詳細 料金
月額基本料 165円
追加データ(1GB) 330円
追加データ(2~10GB) 495円 ※

※1GBあたりの料金

データプラン ゼロ(eSIM)は月額165円で契約できる。高速データ通信の追加は1GBが330円、以降2GB~10GBまでは1GBにつき495円で追加できる(表はIIJmio公式サイトを元に筆者が作成)

データプラン ゼロ(eSIM)は、たった165円でドコモ回線を維持できますが、データ通信量を追加すると料金はやや割高になります。定期的にネットに接続するならギガプランのほうがいいでしょう。

IIJmioの「データプラン ゼロ(eSIM)」については、こちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

格安SIMで利用できる「eSIM」サービスまとめ【2022年9月最新版】のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroideSIMHISモバイルIIJmiomineoSIMカード日本通信格安SIM】の最新ニュースをいち早くお届けします。