iPhone 14・iPhone 14 Plusが予約伸び悩み!? 原因は画面サイズ?

9月16日にいよいよ発売となるiPhone 14シリーズ。しかし、標準モデルである「iPhone 14」と「iPhone 14 Plus」の予約状況は2021年のiPhone 13シリーズと比較して低調となっておりそれほど芳しくはないようだ、という見解が有名アナリストから示された。期待されていたはずの新型iPhone。伸び悩みの理由は、なんなのだろうか…?

iPhone 14シリーズ、予約状況で明暗がわかれたか

iPhone 14シリーズ

予約が低調ということは、iPhone 14が店頭で品切れになることはなさそう?(画像は「Apple」公式サイトより引用)

この残念な状況を明らかにしたのは、Appleについて詳しいアナリスト・Ming-Chi Kuo氏だ。「iPhone 14」は「iPhone 13」の後継機、「iPhone 14 Plus」は「iPhone 13 mini」の代わりとなる機種とも言えるが、いずれも予約注文状況が予想を下回っている、と分析している。

とくに、iPhone 14 Plusに関しては、iPhone 13シリーズから大きな方向転換が行われた。サイズ感だ。iPhone 13 miniは“ミニ”と銘打たれている通り、画面サイズはiPhone 13の6.1インチに比べて一回り小さい5.4インチ。小さいモデルを好むファンは一定数いるためニーズがあるかと思われたが、結果的には思ったほどの需要がなかった。そのため、今回のiPhone 14シリーズでは逆にひとまわり大きい6.7インチの“プラス”を投入したと見られているが、こちらも思い通りにいっていないようだ。

一方、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」に関しては、オンラインストアの出荷予定日が4週間以上先になっている。これは、2機種の予約状況が好調であることを意味するとされている。

値上げの中、最上位機種が売れるのはなぜ?

「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」

「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」を買えるのは金銭的余裕のある人だけかも(画像は「Apple」公式サイトより引用)

この状況から、さまざまな憶測ができる。標準モデルのiPhone 14に特筆すべき魅力がなく、Proモデルに流れたという見方がひとつ。あるいは、発売早々に予約して買い換えるのは金銭的余裕のあるユーザーであり、せっかくなら最上位機種を、と考える人たちであるという見方もできる。

そもそも、iPhone 14シリーズに対しては、購入意思の低さが他の調査結果から明らかにもなっている。株式会社IoTコンサルティングが運営する「ロケホン」の実施した調査によると、「iPhone 14を購入しますか?」という質問に対して「発売直後に購入したい」と答えたのはわずか1割程度。

残りは「しばらく購入しない」と明確に答えている人が43%、また「型落ちになってから」という人は44%と、あわせて9割近い人が現時点での購入を考えていないというのだ。わざわざ型落ちを購入する利点といえば、価格が安くなるという一点に尽きるだろう。

iPhone 14を購入しますか?

(株式会社IoTコンサルティング「ロケホン」調べ)

新製品の発売ごとに値上げが行われ、いまやパソコンなどと同等の価格帯となってきたAppleのiPhone。長年iPhoneを愛用してきたユーザーとしては、いかに安く手に入れるかが切実な問題になりつつある。一般庶民には、すっかり高嶺の花になってしまったのかもしれない。

引用元:【medium

※サムネイル画像は(Image:​「Apple」公式サイトより引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

iPhone 14・iPhone 14 Plusが予約伸び悩み!? 原因は画面サイズ?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone 13 miniiPhone 14iPhone 14 PlusiPhoneの話題】の最新ニュースをいち早くお届けします。