「Windowsキー」を使った便利なショートカット8選 一度試してみて!

Windowsパソコンのキーボードには「Windows(スタート)」キーがあります。多くの人は、ただ「スタートメニュー」を表示するためだけに使っていると思いますが、実はWindowsキーとほかのキーを組み合わせることで、さまざまな活用法があるのをご存じでしょうか? そこで今回は、Windowsキーを使った便利な8つのショートカット機能を紹介します。

スタートメニュー表示だけではない「Windows」キーの便利機能とは?

Windowsパソコンのキーボードには、古くから「Windows(スタート)」キーが搭載されており、これを押すと一発で「スタートメニュー」が表示されるようになっています。

しかし、通常はマウスやタッチパッドを使うほうが操作が早いので、あまりWindowsキーを押したことがないという人も多いのではないでしょうか?

筆者も、以前はあまりWindowsキーを使うことがなかったのですが、Windows 11のノートパソコンを購入してからは、スタートメニューを開いてアプリを選択したり、電源をオフにするためにWindowsキーを押す機会が増えてきました。

実はWindowsキーは、ほかのキーと組み合わせることで、もっと便利に活用できるんです。そこで今回は、Windowsキーでできる便利なショートカットを8つ紹介しましょう。

なお、このあとの解説で「Windows」キーは「Win」と表記しますのでご了承ください。

「Windows」キーの便利機能

Windowsキー(Win)」キーを押すと、通常はスタートメニューが表示されるだけだ。しかし、「Win」キーとほかのキーを組み合わせるショートカットで、もっと便利になる!

【1】「Win」+「PrtScr」 – 画面キャプチャをすぐ画像ファイルに保存

Windowsパソコンの画面をキャプチャするには「Print Screen」を押せばいいのですが、画像はクリップボード保持されるので、ペイントアプリ等を開いてペーストして保存する必要があります。これだと手順が多くてかなり面倒ですよね。

しかし、「Win」+「PrtScr」を押すと画面全体がキャプチャされ、そのまま画像データとして保存されるので、ずいぶんと手間が省けます。

ちなみに、キャプチャした画像はデフォルトでPNG形式になっており、保存先は「ピクチャ」フォルダになっています。

「Win」+「PrtScr」

【1】「Win」+「PrtScr」

たとえば、この状態で「Win」+「PrtScr」を押すと画面全体がキャプチャされ、そのまま画像データとして保存される

【1】「Win」+「PrtScr」2

キャプチャした画像はPNG形式で保存されるが、保存先はデフォルトで「ピクチャ」フォルダになっている

【2】「Win」+「L」 – 瞬時にロック画面を表示する

パソコンで作業しているとき、会社でも外出先でも他人に見せたくない書類を作成したり、Webサイトで情報を収集していることもありますよね。

そのようなときは、「Win」+「L」のショートカットを覚えておくと便利です。誰かに画面を覗き込まれても、瞬時にロック画面に切り替わるので、重要な情報を見られてしまうことはありません。

「Win」+「L」

【2】「Win」+「L」1

パソコンで作業中に、他人に画面を見られたくない時は「Win」+「L」を押してみよう。すると、瞬時にロック画面に切り替わるはずだ

「Windowsキー」を使った便利なショートカット8選 一度試してみて!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 11Windows 11の使い方Windowsキーショートカットパソコン/スマホの設定方法】の最新ニュースをいち早くお届けします。