キャッシュレス決済利用率、50代が最多20代は最小と意外な結果に【アルファノート調べ】

アルファノート株式会社は2022年9月9日~10日、全国の20代~50代男女を対象に「キャッシュレス決済利用実態調査」を実施し、1,000名から回答を得た。キャッシュレス決済といえば、年配者よりも若者の方が使いこなしているようなイメージを受けるが、調査結果から見えたのは少し意外な結果だった。

日常でキャッシュレス決済を利用しているのは50代が最多

普段の買い物でキャッシュレス決済を利用している?

年代別比較は予想を裏切る意外な結果となった(「アルファノート株式会社」調べ)

まず「普段の買い物(オンライン含む)において、キャッシュレス決済を利用していますか?」という設問の結果からご紹介していこう。「よく利用している」は全体の45%と、半数に迫った。そして「利用している」「たまに利用している」を合わせると、日常的にキャッシュレス決済を利用している人は80%にも上り、広く普及していることが見てとれる。

そして意外だったのは年代別の結果である。20代から50代までで最もキャッシュレス決済を利用しているのは、最年長の50代だったのだ。50代で「よく利用している」と回答したのは120名を超えたが、20代では90名程度だった。

また逆に、50代でャッシュレス決済を「利用したことはない」と回答したのは20名程度と少なかったのに対し、20代では70名程度もいたのだ。そして、30代や40代の結果と比較しても、20代の利用率が最も低い結果となった。若者世代の方がキャッシュレス慣れしていそうなものだが、今回の調査では意外な結果となった。

キャッシュレス決済利用率、50代が最多20代は最小と意外な結果に【アルファノート調べ】のページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。