【Mac】画面録画を長時間する3つの方法を解説!

Macのデスクトップ画面に表示された画像や動画を動画ファイルとして撮影/保存できるのが画面録画機能だが、数分間の短い時間ではなく長時間の撮影が画面録画で行えれば便利だと感じるのではないだろうか。Macの画面録画を長時間する方法を解説します。

【Mac】画面録画を長時間する方法

デスクトップ画面に表示される画像や動画を撮影し、動画ファイルとしてMacに保存できる画面録画機能にはいろいろな活用方法がある。

知人にデバイスの操作方法を教えたり、マップ上のルート案内を伝えたりするだけなら短い録画時間で十分だろう。しかし動画を撮影するには長時間必要なので、長時間の画面録画ができると重宝する。

この記事では、Macで画面録画を長時間行う方法を紹介する。Macで画面録画を行う方法は3つある。コマンドキーを使う方法、Macに標準インストールされている「Quiick Time Player」アプリを使う方法、そして録画ソフトを使う方法の3つだ。

これからそれぞれの方法で画面録画をMac上で行う方法と録画時間を紹介する。

【方法①】コマンド「shiftキー」+「commandキー」+「5キー」を同時に押して画面録画機能を使用

最初に紹介するのは、コマンドキーを使ってMacの画面録画機能を呼び出す方法だ。画面録画を行うために使用するコマンドキーは「shift」キー、「command」キー、「5」キーの3つである。

コマンドキーを使って行う録画時間は、Macの内部ストレージの空き容量に左右されるが、空き容量が十分確保できるようであれば2時間以上の録画が可能である。

コマンドキーを使って画面録画を呼び出してみよう。

【方法①】コマンド「shiftキー」+「commandキー」+「5キー」を同時に押して画面録画機能を使用

コマンドキー「shift」「command」「5」を一緒に押すと、画面録画のコントロール画面が表示される。画面全体を画面録画するか、範囲指定して画面録画するかを選択する。「収録」をクリックすれば画面録画が始まる

【方法②】Quick Time Playerを利用

コマンドキー以外で画面録画をMac上で行う別の方法は、「Quick Time Player」アプリを使う方法だ。「Quick Time Player」はMac購入時からインストールされている無料アプリなので、利用するのに課金はされない。

「Quick Time Player」アプリで撮影できる画面録画の録画時間は、コマンドキーの場合と同じで、Macの内部ストレージの空き容量に左右されるが、長時間の録画が可能である。「Quick Time Player」アプリを呼び出し、画面録画を行う方法を見てみよう。

【方法②】Quick Time Playerを利用1

デスクトップ画面下部のDockにある「Finder」をクリックする

【方法②】Quick Time Playerを利用2

「Finder」が立ち上がったら、左メニューにある「アプリケーション」を選択しクリックする。Macにインストールされているアプリすべてが画面の右側に表示されるので、「Quick Time Player」を選択しクリックする

【方法②】Quick Time Playerを利用3

「Quick Time Player」が立ち上がるので、メニューバーにある「ファイル」をクリックする

【方法②】Quick Time Playerを利用4

プルダウンメニューが表示されるので、「新規画面収録」を選択しクリックする

【方法②】Quick Time Playerを利用5

画面録画のコントロール画面が表示される

【方法③】録画ソフトを使用

コマンドキー、「Quick Time Player」アプリ以外で画面録画を行う別の方法は、録画ソフトを使用して行う方法だ。録画ソフトを使用して画面録画を行った場合の録画時間は、コマンドキー、「Quick Time Player」アプリの場合と同様で長時間行える。

・各方法のメリット/デメリット

ここまでコマンドキー、「Quick Time Player」アプリ、録画ソフトという3つの方法で画面録画をMacで行えることを紹介したが、それぞれの方法にはメリットもデメリットもある。

コマンドキーと「Quick Time Player」アプリのメリットは、無料で利用できることだ。ただ「Quick Time Player」アプリにはデメリットがある。Macのスペックが古いと録画の動作が重くなることだ。

デメリットは他にもある。「Quick Time Player」アプリで画面録画をすると、録画できなかったり、音が入らなかったりすることがある。さらに機能が限られていることもデメリットといえよう。

録画ソフトのメリットは、長時間の録画が行えることに加えて、機能が充実し安定していることだ。また初心者でも簡単に操作できることもメリットの1つと言える。さらに内部音声と外部音声を問題なく録画できることもメリットの1つだ。

録画ソフトのデメリットは、無料版だけでなく有料版もあることだ。有料版は無料版に比べ機能の面で勝っているが、お金を払わなければ利用できないのはデメリットと言わざるをえない。

【Mac】画面録画を長時間する3つの方法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMacMacBookMacBook ProMacの使い方画面録画】の最新ニュースをいち早くお届けします。