いらないモノは売らずに「捨てる」が3割、その理由は?【買取比較ちゃんねる調べ】

買取サービスと、それにまつわるライフスタイルに特化したコンテンツサイト「買取比較ちゃんねる」が、15〜60歳以上の男女2675人を対象に、「不用品を売るときに利用するサービスに関する調査」を2022年11月に実施した。みなさんはいらないものをどうやって処分しているだろうか。大きくわければ「売る」派と「捨てる」派にわかれるような気がしているが…?

全体の約3割が「そのまま捨てる」と回答

いらないものを売るときに利用するサービスは?

大量の不用品が出る引っ越しや断捨離の際など、売るのが手間で捨ててしまう方もいるはずだ(「株式会社アクロスソリューションズ」「株式会社浜屋」調べ)

同調査にて、「いらないものを売るときに利用するサービスを教えてください」という質問に対し、最も多かった回答は「そのまま捨てる」。32.7%の人、3割以上の人が不用品は売ることなく捨てているようだ。ついで多かったのは、26.6%の人が回答した「リサイクルショップや買取店」、さらに続くのが15.2%の人が回答した「フリマアプリやオークションサイト」という結果となった。

「そのまま捨てる」という回答が多かった不用品は、「服」「アニメ・アイドルグッズ」「スマホ・タブレット」「楽器」「電化製品」…などなど。「売れそうなのに!?」と、ついつい思ってしまうラインアップだ…。しかし「いらない」と判断している状態ということは、すでに壊れてしまっていたり、汚れてしまっていたりするのかもしれない。ともすれば仕方のない選択肢だ。

「リサイクルショップや買取店で売る」という回答が多かった不用品は「本」「CD・DVD・ゲーム」「ブランド服飾品・腕時計」「貴金属製品」など。こちらはたしかに、ある程度の金額で売れそうな面々だ。売るものの買取金額を予想した時に「高値では売れなさそうだな…」となれば、売る気が起こらない気持ちはわかる。

いらないモノは売らずに「捨てる」が3割、その理由は?【買取比較ちゃんねる調べ】のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフメルカリPayPayフリマフリマアプリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。