マイナポイント第2弾いつまで申請すればいいの? 2万ポイントをもらう方法と注意点を解説!

アナタはもうマイナポイントをもらいましたか? マイナンバーカードを取得すると最大2万ポイントがもらえる「マイナポイント第2弾」の申し込み期限が迫っています。少なくともマイナンバーカードの取得申請を2022年12月末までに行っておかないと、2万ポイントをもらう権利は失われてしまうのです。そこで今回は「マイナポイント第2弾」とは何なのか? どうすれば2万ポイントをもらえるのか? そして、注意したいもうひとつの締め切りについても解説します。

※マイナポイント第2弾のマイナンバーカード申し込み期限は2022年12月末の予定でしたが、2023年2月末に延長されています。また、これに合わせてマイナポイント第2弾のポイント取得期限も延長される予定です。

すでに申請率が全国民の60%を超えたマイナンバーカード!

総務省によると、2022年11月末時点でマイナンバーカードの交付率は日本全体で53.9%を超え、取得申請率も60%以上になったそうです。

●総務省「マイナンバーカード交付状況について」は→こちら

政府は全国民にマイナンバーカードを取得させることを目指しており、2024年秋には現行の健康保険証を廃止し、マイナンバーカードに紐づけたマイナ保険証に一本化する予定です。

つまり、面倒でもいずれ全国民がマイナンバーカードを取得することになりそうなのです。

マイナンバーカード

マイナンバーカードは数字12桁の個人番号が記載された、顔写真入りの身分証明書。健康保険証や公金受取口座も紐付けられ、将来は運転免許証も一体化される予定(筆者撮影)

今なら2万円分のマイナポイントがもらえる「マイナポイント第2弾」が実施されていますので、どうせならしっかり2万ポイントをもらっておきましょう!

マイナポイント第1弾では、マイナンバーカード取得者がキャッシュレス決済を2万円利用すると25%分の5,000ポイントがもらえます。

これに加えマイナポイント第2弾では、健康保険証の利用申込で7,500ポイント、公金受取用口座登録で7,500ポイントがもらえるので、1人最大2万ポイントがもらえるのです。詳しくはこちらの記事で確認してみてください。

マイナポイントの内訳

マイナポイントは①マイナンバーカード(マイナカード)取得&キャッシュレス決済2万円利用で5,000pt、②健康保険料の利用申込で7,500pt、③公金受取用口座登録で7,500ptがもらえるので、すべての条件をクリアすると、1人最大2万ポイントがもらえるようになっている

少なくとも2022年12月末までに取得申請だけは済ませておこう!

そもそもマイナポイント第2弾に参加するには、2022年9月末までに、マイナンバーカードの取得申請をする必要がありました。

しかし、思うようにマイナンバーカードの交付率が伸びなかったため、2022年12月末まで延長されています。したがって、少なくとも12月中にマイナンバーカードの取得申請だけは済ませておきましょう。

マイナンバーカードの取得申請とマイナポイント第2弾の参加方法については、こちらの記事で詳しく解説していますので、確認してみてください。

マイナンバーカードを取得していない人のところには「マイナンバーカード交付申請書」が届いているはずです。

この書類に記載されているオンライン申請用QRコードをスマホで読み込むと、簡単にマイナンバーカードの取得申請ができます。作業時間は5分ほどなので今すぐ申請しましょう。マイナンバーカードに表示される顔写真もスマホで自撮りした写真が使えます。

もし、「マイナンバーカード交付申請書」が見当たらない人は、マイナンバーカード総合サイトの「交付申請書等ダウンロード」から申請書のPDFがダウンロードできます。

●マイナンバーカード総合サイト「交付申請書等ダウンロード」は→こちら

マイナンバーカードの取得申請方法1

マイナンバーカードを取得していない人には「マイナンバーカード交付申請書」が届いているはずだ。まずは、この書類を探してみよう(筆者撮影)

マイナンバーカードの取得申請方法2

この書類に記載されているオンライン申請用QRコードをスマホで読み込むと、簡単にマイナンバーカードの取得申請ができる。作業時間は5分ほどで完了する(筆者撮影)

マイナポイント第2弾いつまで申請すればいいの? 2万ポイントをもらう方法と注意点を解説!のページです。オトナライフは、【マネーマイナンバーカードマイナポイントマイナンバーカードの作り方マイナポイントのもらい方】の最新ニュースをいち早くお届けします。