業界初「誰でもスマホ」どんなサービス?クレカや銀行口座がなくても契約できるの?

携帯電話の契約件数が日本の総人口を超えた現代社会において、スマホは重要なライフラインのひとつだといっても過言ではない。しかし、なんらかの事情があり、スマホの契約ができない状態に陥る人もいる。その多くは生活困窮者だ。今回は、銀行口座やクレジットカードなどを持たない人も契約できる、業界初のサービス「誰でもスマホ」について紹介したい。

クレジットカードや銀行口座を持たない人でも契約可能

誰でもスマホ1

「誰でもスマホが持てる!」はSDGsの目標のひとつ「貧困の解消」などに取り組んだサービスでもある(画像は「誰でもスマホ」公式サイトより引用)

株式会社アーラリンクは、2023年1月16日に格安スマホサービス「誰でもスマホ」を提供開始した。ドコモ回線を利用したMVNOで、基本プランは音声通話24時間かけ放題と任意の容量のデータ通信がセット最安は1GBで3,278円(税込・以下同)。格安SIMにしては高めの料金設定に感じる。しかし、24時間通話し放題でコンビニ決済可能、契約時の審査のハードルが低いことなどを考慮すると、この料金は納得できるだろう。

さらに、スマホ端末も古いモデルではあるが、手ごろな値段で購入することができる。「iPhone 6s」が2円、「iPhone 7」が1,680円、「iPhone 8」が4,980円、Androidスマホも「AQUOS wish2」などのエントリーモデルが4,980円など。分割払いは信用情報機関の審査が必要になることから、一括払いができる価格帯のスマホがそろう。

「誰でもスマホをもてる社会」を実現へ…社長の想い

誰でもスマホ2

誰でもスマホを持てるようにするためには「挑戦」が必要だったと語る高橋社長(画像は「誰でもスマホ」公式サイトより引用)

過去に料金未納などで「携帯ブラック」の状態になってしまった人、クレジットカードやローンの支払い滞納などで信用情報機関のブラックリストに掲載されてしまった人は、新たにスマホを契約することが困難になる。しかし「誰でもスマホ」は独自の基準により、そのような人も契約できる

同社は、もともとレンタルスマホ事業を展開していたが、それをやめて、格安スマホ事業に切り替えることに。社長の高橋翼氏の「携帯電話を誰でも持てる世の中に」という信念を、よりユーザーに寄り添う形で実現したい、という想いから今回の舵切りとなった。

レンタルと違って、自分の名義で契約したスマホには、端末も番号も自分のものというメリットがある。もし、生活が困窮した状態で契約しても銀行口座を開設できるようになるなど、生活を立て直すことができた場合は、他のキャリアや格安スマホにNMPで乗り換えることも可能だ。

料金プランは格安スマホ業界の基準で考えると、決して安いとは言えない。しかし、今や最低限の生活ツールとなったスマホを持てないことにより、日常生活を送ることが困難になった方たちにとっては有難いサービスになるのではないだろうか。

引用元:「誰でもスマホ」公式サイトは→こちら

※サムネイル画像は(Image:​「誰でもスマホ」公式サイトより引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

業界初「誰でもスマホ」どんなサービス?クレカや銀行口座がなくても契約できるの?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidスマホAndroid格安SIMiPhone格安スマホMVNO誰でもスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。