【マイナポイント】実際に「楽天Edy」に申し込んでみた! セブン銀行ATMでも可能!!

2020年9月1日からスタートした25%ポイント還元の「マイナポイント」制度。なかでも人気が高いのが“楽天”である。しかし、「楽天カード」と「楽天ペイ」はNFC対応スマホでしか申し込めないため、コンビニのATMやマルチコピー機などでも申し込める「楽天Edy」に注目が集まっている。そこで今回は「楽天Edy」でマイナポイントに申し込む方法を紹介しよう。

マイナポイント申込の人気はやっぱり「楽天」!

 マイナンバーカード所有者が申し込める25%ポイント還元の「マイナポイント」が、2020年9月1日からスタートした。実際に利用するキャッシュレス決済事業者としては、やはりユーザー数の多いPayPayや楽天に人気が集中しているという。
 とくに楽天はクレジットカードの「楽天カード」、QRコード決済の「楽天ペイ」、電子マネーの「楽天Edy」の3種類が対応しているので利用しやすいのが特徴だ。楽天がおすすめな理由は『【マイナポイント】「楽天」は申込特典がショボくてもポイントの4重取りも可能!を参考にしてほしいが、楽天経済圏をうまく利用すれば、ポイントの4重取りも可能なので、もらったマイナポイントも有効に活用できるというわけだ。

8月31日からマイナポイント申し込みに対応したセブン銀行ATM。全国2万5,000台以上設置されており、原則24時間利用できるのがうれしい。Edyコード・セキュリティコードのないEdyでもマイナポイント申込が可能だ

(Image:edy.rakuten.co.jp)

セブン銀行ATMの手順を確認しよう。まず「マイナンバーカードでの手続き」を選択。次に「R」を押して「楽天Edy」を選択し、「Edyカード」をリーダライタに置いて確認。続いてマイナンバーカードを挿入。最後にマイナンバーカードの暗証番号と電話番号下4桁を入力して確認を押せばいい(楽天Edyサイトより引用)

こちらはセブン-イレブンのマルチコピー機。ICカードリーダーがあるので、ここにマイナンバーカードを置く。右側手前のタッチパネル画面で「行政サービス」をタッチすると、マイナポイントの申込ができる

住民票や印鑑証明は「証明書の交付」。マイナポイントは「マイナポイント」を押す(上写真)。平日は9時30分~22時まで申込できるが、なんと、土・日・祝日は17時30分までしか申込できないワナが……

【マイナポイント】実際に「楽天Edy」に申し込んでみた! セブン銀行ATMでも可能!!のページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレスセブン銀行楽天楽天Edy】の最新ニュースをいち早くお届けします。