【マイナポイント】実際に「楽天Edy」に申し込んでみた! セブン銀行ATMでも可能!!

「楽天Edy」ならコンビニでも申込ができる!

 実は「楽天カード」と「楽天ペイ」はNFC対応のiPhoneやAndoridスマホでしか申込ができない。この辺の事情は『【マイナポイント】楽天カード・楽天ペイはスマホのみの激ムズ仕様で申し込めず!!で確認してもらいたい。そこで、コンビニのマルチコピー機やATMでも申し込める「楽天Edy」に注目が集まっている。
 筆者の妻は楽天プレミアムカードを持っているほどの楽天ヘビーユーザーだが、NFC対応スマホではないため、結局「楽天Edy」でマイナポイントを申し込むことにした。現在、マイナンバーカードを読み込めるセブン-イレブンのセブン銀行ATMやマルチコピー機であれば、マイナポイントの申込ができるので、さっそく日曜の夜に近所のセブン-イレブンに行くことにした。実はセブン銀行ATMなら24時間申込可能だったのだが、筆者はマルチコピー機のことしか頭になく、対応時間外だったので申込をあきらめた。そこで仕方なく友人のiPhoneを借りて申し込むことにしたのだ。
 なお、セブン–イレブンのマルチコピー機はセブン銀行ATMの稼働によって8月31日で終了しているが、マルチコピー機はローソンにもあり、操作方法は『「マイナポイント」の予約&申込はコンビニ(セブン・ローソン)マルチコピー機が一択な理由で確認できるので参考にしてほしい。

結局、友人のiPhoneを借りて楽天Edyを申し込む。まず、マイナポイントアプリを起動してログイン。「申込へ進む」をタップする(左写真)。次に「電子マネー」にチェックを入れて「検索」を押そう(右写真)

「楽天Edy」を探して「選択」を押す(左写真)。画面を下にスクロールして利用規約を確認したらチェックを入れて「申込へ進む」をタップする(右写真)

楽天カードの裏面に記載されているEdyコード/セキュリティコード(半角数字6~7桁)とEdy番号(半角数字16桁)を確認する(左写真)。「決済サービスID」にEdy番号を「セキュリティコード1」にEdyコード/セキュリティコードを入力する(右写真)

入力が完了したら「申込」をタップ(左写真)。再度iPhoneにマイナンバーカードをタッチしてマイナンバーカードの暗証番号(数字4桁)を入力すればOKだ(右写真)

【マイナポイント】実際に「楽天Edy」に申し込んでみた! セブン銀行ATMでも可能!!のページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレスセブン銀行楽天楽天Edy】の最新ニュースをいち早くお届けします。