au PAYの微妙に余ってしまった残高を全部使い切るにはどうすればいい?

KDDI系のスマホ決済サービス「au PAY」は、決済で付与されるポイントが、ローソンやリクルート系のサービスでも利用できる「Pontaポイント」に統一され、ますます利便性が高まっている。だが、その一方で最近は「三太郎の日」の還元率が下がってきており、ぼちぼち他のスマホ決済サービスへの移行を考えている人もいるかもしれない。でも、au PAY残高をきっちり使い切ることはできるのだろうか? そこで今回は、au PAY残高を最後の1ptまで全部使い切る方法を検証してみる。

クレカや銀行からのチャージは1,000円単位になる!

 auスマホユーザーでなくても便利に使えるスマホ決済サービス「au PAY」。au PAYのポイントが「Pontaポイント」に統一されて、ますます使いやすくなっているが、最近は「三太郎の日」の還元率が下がったりして、昔ほどの魅力はなくなってきている。そのため、ほかのスマホ決済に移行したと考える人もいるだろう。だが、中途半端に余っているau PAY残高をきっちり使い切るにはどうしたらいいのだろうか?
 たとえば、au PAY残高が253円しかないとき、コンビニなどの実店舗で400円の商品を買おうとしても、不足分の147円を現金で併用して払うことはできない。そこで、不足分をチャージして支払うことを考えてみる。まず、クレカでの最低チャージ額は3,000円で、5,000円、7,000円のように大雑把に1,000円単位でしか指定できない。そのため、147円をぴったりチャージすることはできない。次に、auじぶん銀行からチャージするときも、最低チャージ額は1,000円になるため、147円をチャージすることはできないのだ。ちなみに、auじぶん銀行からの残高チャージ方法は→こちらで確認してほしい。

au PAYのホーム画面で「+チャージ」を押すと(左写真)、チャージする方法が選択できる。auじぶん銀行やクレカ、セブン銀行、Pontaポイントなどが選択できる(右写真)

auじぶん銀行でチャージする場合は1000円以上、1000円単位でしかチャージできない。1円単位でチャージできないのはクレカやセブン銀行ATMなども同じ。これは困った……

Pontaポイントでのチャージは100円単位!

 au PAY残高にチャージする方法はほかにもある。たとえば、ローソン銀行ATMやセブン銀行ATMでも残高チャージできるが、チャージ額は1,000円単位となり1円単位でチャージすることはできない。また、au PAYの利用でもらえる「Pontaポイント」も残高チャージに利用でき、こちらは100円からチャージできるが、やはり1円単位ではチャージできないのである。
 PayPayやLINE Payなどは100円以上なら1円単位でチャージする方法があるので、不足金額をチャージして残高をきっちり使い切ることが可能だが、au PAYでは残高を全額使い切るのがなかなか難しいことがお分かりいただけただろう。なお、Pontaポイントからチャージする方法は→こちらで解説しているので参考にしてほしい。

Pontaポイントは100円からチャージできるが、1円単位ではチャージできないようになっている。残念!

au PAYには家族への送金やauじぶん銀行への払出機能もあるが……

 au PAYでは、auじぶん銀行口座の開設とau PAY プリペイドカードを発行してオートチャージ設定すれば、au PAY残高を家族や友だちに「アドレス帳」「履歴」「QRコード」「直接入力」の4つ方法で送金することができる。ただし、送金機能ではauかんたん決済、クレカ、au PAY チャージカードでチャージされたau PAY残高は送金できない縛りがある。また、au PAY残高はauじぶん銀行に1円単位から出金できる「払出」サービスも利用可能だが、こちらは払出手数料が別途必要になるのが厳しい。
 ちなみに、au PAYで貯まったPontaポイントの方は、au PAY プリペイドカードにチャージすることができるので、au PAY プリペイドカードでチャージタイプのAmazonギフト券を購入すれば、きっちり1ptまで使い切ることができる。Amazonギフト券については→こちらを参考にしてほしい。

(Image:jibunbank.co.jp)

au PAY残高は送金したり払出することも可能だが、残高を使い切るためにわざわざauじぶん銀行口座を開設し、なおかつau PAY プリペイドカードを新たに取得するのは本末転倒だろう

(Image:amazon.co.jp)

au PAY プリペイドカードはクレカと同じように利用できるので、Amazonの買い物で使える「Amazonギフト券 チャージタイプ」を購入することができる。金額は100円以上なら1円単位で指定できる

 いかがだろうか? au PAYは現金との併用や1円単位でのチャージが難しいため、残高をきっちり使い切るのはかなり難しい。せいぜい、Pontaポイントを100円単位でチャージして、残高を数十円まで追い込むのが現実的だろう。なお、au PAY プリペイドカードの残高とau PAYの残高はまったくの別物で、使い切る方法も異なるので→こちらで「au PAY」と「au WALLET」の違いもしっかり把握しておくことをおすすめする。

●au PAY(公式)は→こちら
●Amazon「Amazonギフト券 チャージタイプ(直接アカウントに残高追加)」は→こちら

文=佐野陽高/編集・ライター

au PAYの微妙に余ってしまった残高を全部使い切るにはどうすればいい?のページです。オトナライフは、【マネーau PAYau WALLETQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。