au PAYの微妙に余ってしまった残高を全部使い切るにはどうすればいい?

KDDI系のスマホ決済サービス「au PAY」は、決済で付与されるポイントが、ローソンやリクルート系のサービスでも利用できる「Pontaポイント」に統一され、ますます利便性が高まっている。だが、その一方で最近は「三太郎の日」の還元率が下がってきており、ぼちぼち他のスマホ決済サービスへの移行を考えている人もいるかもしれない。でも、au PAY残高をきっちり使い切ることはできるのだろうか? そこで今回は、au PAY残高を最後の1ptまで全部使い切る方法を検証してみる。

クレカや銀行からのチャージは1,000円単位になる!

 auスマホユーザーでなくても便利に使えるスマホ決済サービス「au PAY」。au PAYのポイントが「Pontaポイント」に統一されて、ますます使いやすくなっているが、最近は「三太郎の日」の還元率が下がったりして、昔ほどの魅力はなくなってきている。そのため、ほかのスマホ決済に移行したと考える人もいるだろう。だが、中途半端に余っているau PAY残高をきっちり使い切るにはどうしたらいいのだろうか?
 たとえば、au PAY残高が253円しかないとき、コンビニなどの実店舗で400円の商品を買おうとしても、不足分の147円を現金で併用して払うことはできない。そこで、不足分をチャージして支払うことを考えてみる。まず、クレカでの最低チャージ額は3,000円で、5,000円、7,000円のように大雑把に1,000円単位でしか指定できない。そのため、147円をぴったりチャージすることはできない。次に、auじぶん銀行からチャージするときも、最低チャージ額は1,000円になるため、147円をチャージすることはできないのだ。ちなみに、auじぶん銀行からの残高チャージ方法は→こちらで確認してほしい。

au PAYのホーム画面で「+チャージ」を押すと(左写真)、チャージする方法が選択できる。auじぶん銀行やクレカ、セブン銀行、Pontaポイントなどが選択できる(右写真)

auじぶん銀行でチャージする場合は1000円以上、1000円単位でしかチャージできない。1円単位でチャージできないのはクレカやセブン銀行ATMなども同じ。これは困った……

au PAYの微妙に余ってしまった残高を全部使い切るにはどうすればいい?のページです。オトナライフは、【マネーau PAYau WALLETQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。