「iOS 15」にアップデートする前に確認しておきたいことまとめ 「iOS 14.8」という選択肢も!

2021年9月21日、iPhoneの最新OS「iOS 15」がリリースされた。しかし、すでにiOS 15にアップデートした人からはSNS上でさまざまなトラブルが報告されている。そこで今回は、iOS 15にアップデートする前に確認しておきたいことをまとめて紹介しよう。もしかすると、「iOS 14.8」にしておいたほうがいいかも!?

そもそもiOS15にアップデートすると何がいいの?

iPhoneの最新OS「iOS 15」は、セキュリティ機能の向上だけでなく、Safariのデザイン刷新、通知にフィルターをかけて邪魔な通知を制限、FaceTimeがビデオ会議「Zoom」のように使えるなど、さまざまな新機能が利用可能になるメジャーアップデートだ。

具体的な内容に関しては→こちらで確認してほしいが、今回のiOS 15では5年前のiPhone SE(第1世代)やiPhone 6sまで適用できるのが魅力となっている。

■iOS 15注目の新機能
【1】FaceTimeがビデオ会議「Zoom」のように使える
【2】「SharePlay」で動画や音楽を友だちと共有できる
【3】写真の文字をテキスト化できる「LiveText」機能
【4】マップが3Dになってルート案内も使いやすく!
【5】通知機能を刷新して邪魔な通知を制限できるように!
【6】ウォレットで鍵や身分証明書を保存できる

■iOS 15アップデート対応機種
・iPhone 12/12 mini/12 Pro/12 Pro Max
・iPhone 11/ 11 Pro/ 11 Pro Max
・iPhone XS/ XS Max/XR/X
・iPhone 8/8 Plus
・iPhone 7/7 Plus
・iPhone 6s/ 6s Plus
・iPhone SE 第1世代/第2世代
・iPod touch(第7世代)

(Image:apple.com)

iOS 15には新しい機能が満載だ。あとから追加される予定の機能も多いが、誰でも今すぐにアップデートしたくなるはず!

iOS 15の導入で発生するトラブルを確認しよう!

iOS 15にアップデートしたことで、SNS上ではさまざまなトラブルが報告されている。まず、携帯キャリア各社はiOS 15の新機能「プライベートリレー」について注意喚起を行っている。

プライベートリレーはプライバシー保護機能で、Safariの閲覧履歴や接続元情報などが追跡ができなくなる。しかし、ドコモは「dアカウントメニューの2段階認証やパスワード確認などができない」、auでは「世界データ定額が利用できない」、ソフトバンクでは「動画SNS放題でデータ量を消費」。楽天モバイルでは「Rakuten Linkやmy 楽天モバイルの利用時のデータ量が無料にならず課金対象になる」など、かなり大きな影響が出ている。ただし、いずれのトラブルもプライベートリレーの設定をオフにすれば回避できるそうなので、キチンと対応すれば問題ない。

ただし、ほかにも「SNSの通知がおかしくなった」「バッテリーの消耗が激しい」といったトラブルも報告されている。詳しく知りたい人は→こちらで確認してほしい。

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

多くの携帯キャリアのサービスでプライベートリレーによる不具合が発生しているが、プライベートリレーをオフにすれば解決できる(画像は楽天モバイル公式サイトより引用)

iOSをアップデートする前にバックアップしよう

iOS 15では、さまざまなトラブルが発生しているのは知っているが、早くアップデートして新機能を試してみたい人もいるだろう。もし、iOSをアップデートするときは、その前に必ずiPhoneのバックアップを作成しておこう。

ご存じのとおり、iPhoneには写真や動画、音楽、Webサイトのお気に入り、アプリのセーブデータなど、さまざまなデータが保存されている。iOS 15に限らずのOSのアップデートが失敗する可能性はゼロではないので、万一に備えてiPhoneのバックアップをとっておくべきなのだ。バックアップはパソコンのiTunesを使う方法もあるが、現在ではiCloudを使うほうが楽だ。iCloudによるバックアップ手順については→こちらで確認してほしい。

iCloudでバックアップを作成するには、まずiPhoneの「設定」から「ユーザー名」を選択(左写真)。次に「iCloud」をタップしよう(右写真)

「iCloudバックアップ」を選択したら(左写真)、「今すぐバックアップを作成」をタップしよう(右写真)

iOSを自動でアップデートしないようにする

いやいや、iOS 15にアップデートすることで、そんなにトラブルが起きるなら、怖くてアップデートできないという人もいるはずだ。その場合は、まず自動的にiOSのアップデートが実行されないように設定しておこう。この「自動アップデート機能」はiOS 12から追加されているが、iOSの新しいバージョンが配信された際に自動でアップデートされる機能なので、今すぐオフにしておくべきだろう。

自動アップデート機能をオフにするには「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」で「iOSアップデートをインストール」をオフにしておけばいい。今後、iOS 15の不具合が解消されたバージョンが公開されたら、そのときアップデートを実行すればいい。

iOSのアップデートは「設定」を開いて「一般」をタップ(左写真)。次に「ソフトウェア・アップデート」を選択しよう(右写真)

「自動アップデート」を選択したら(左写真)、「iOSアップデートをインストール」をオフにしておこう(右写真)

iOS 15ではなく「iOS 14.8」を選ぶという手も!

iOS 15にアップデートしないことで、バグによるトラブルは回避できるが、iOS 14のセキィリティパッチも当てられないので不安が残るという人も多いはずだ。その場合はどうすればいいのだろうか?

実は、iOSのアップデートでは、「iOS 14.8」を選択することもできるようになっている。これは、iOS 15にしたくない人向けのiOS 14の最新版なので、バグによるトラブルも回避でき、iOS 14のセキュリティパッチも当てらるという優れモノ。もちろん、iOS 15の不具合が解消されたバージョンが公開されたら、そのときにiOS 15のアップデートを検討すればいいだろう。

「ソフトウェア・アップデート」画面を開けば「iOS 14.8」が表示されている。iOS 15が不安ならiOS 14.8でアップデートしよう

●Apple「iOS 15」(公式)は→こちら

※サムネイル画像(Image:nikkimeel / Shutterstock.com

「iOS 15」にアップデートする前に確認しておきたいことまとめ 「iOS 14.8」という選択肢も!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiOS 14.8iOS 15iPhoneプライベートリレー楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。