企業が注目する「Z世代とSNSメディア」相性が良いと思うのは、3位Twitter、2位Instagram、1位はまさかの…

ある調査で「企業がビジネス上で最も注目しているSNSメディア」のランキングが発表された。そのランキング自体は比較的、納得のいく順位だったのだが、ここで消費の次世代となる「Z世代」と相性が良いと思うSNSメディアにターゲットをしぼると、結果が大きく異なることが明らかとなった。

これまで「うちの会社はSNSを」活用しているよ」と、InstagramやTwitterの更新だけで安心していた企業担当者も、うかうかしてはいられなくなりそうだ。

今回は、移り変わりの早いSNSの潮流の中で、企業が最も注目する「Z世代と相性の良い最新のSNSメディア」情報を紹介していきたい。

企業担当者が注目している第1位は「Z世代」

ビジネスのターゲットは、消費の次世代となる“Z世代”が注目の的だ(「テテマーチ株式会社」調べ)

テテマーチ株式会社が、企業の経営・経営企画・広告・宣伝・販促・広報・IR・ブランディング・企画・調査・マーケティング職に就く20~50代300人を対象に行った調査によると、企業が最も注目する世代は「Z世代」であることが明らかになった。現在の消費の中心世代である「ジェネレーションX世代」や「ミレニアル世代」を抑え、26.7%と4分の1以上の企業担当者が「次世代の消費の中心」として、Z 世代に注目しているのだ。

そして、企業の担当者が「ビジネス上で最も注目している、SNSメディア ランキング」では、1位が31.0%で「Instagram」、2位には「Twitter」で25.3%、3位「TikTok」は15.3%、4位「Facebook」は14.0%、という結果に。おおむね、近年流行しているSNSの人気順位と同じような結果となった。

ここまでは比較的順当なランキング結果なのだが、「企業が最も注目するZ世代」にターゲットをしぼって見ると、異なる結果となるようだ。

「Z世代と相性が良いと思うSNSメディアは?」の質問(複数回答)では、なんと「TikTok」が40.3%となりトップに躍り出るのだ。「最も注目しているSNS」では、1位となった「Instagram」も38.3%と善戦するのだが、TikTokの驚異的な伸びには敵わなかったようだ。

【Z世代】と相性が良いと思うSNSメディア(「テテマーチ株式会社」調べ)

企業が注目する「Z世代とSNSメディア」相性が良いと思うのは、3位Twitter、2位Instagram、1位はまさかの…のページです。オトナライフは、【SNSInstagramSNSTikTokZ世代】の最新ニュースをいち早くお届けします。