povo2.0に続き「IIJmio」も…相次ぐ手続き遅延! 楽天モバイル0円終了の影響大?

楽天モバイルが月1GB以下なら0円で利用できるプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を6月末で終了することを受け、世間では早くも乗り換えの動きが加速している。そのようなか、格安SIMを扱うIIJmioは5月17日、公式サイトにて「申し込み集中による本人確認とSIMカードと端末の発送遅延」を発表した。楽天モバイルの“0円廃止”発表以降、新プランや格安SIMの手続き遅延は、KDDIの新プラン「povo2.0」に続いて2ブランド目。格安SIM業界は今後、ますます賑わうことになるのだろうか。

格安SIMの相次ぐ手続き遅延は、やはり楽天モバイル騒動が原因?

IIJmioは5月31日まで「4年連続シェアNo.1記念キャンペーン」を開催しており、12カ月間続く「毎月のデータ容量1GB増量」やスマホ大特価セールなどを実施している。申し込みが集中した理由は公式に発表されていないが、キャンペーン期間中に楽天モバイルから乗り換えたいという駆け込み需要の可能性も考えられそうだ。このまま遅延が解消しなければ、キャンペーンが延長される可能性もあるかもしれない。

また、povo2.0は5月14日朝から申し込みが急増し、オンラインでの本人確認に時間がかかっていたが、5月16日19時ごろに遅延は解消したと発表した。povoを経営するKDDIによれば、楽天モバイルからの乗り換えも増えているとのことだ。

5月13日に楽天モバイルが発表した新たなプラン「Rakuten UN-LIMIT VII」により、今まで最も安かった「0円」で利用できる格安スマホはなくなることに。これを受けて基本料0円でユーザーが自身のニーズに合わせて、オプションを“トッピング”していくpovo2.0や、音声通信可能で月に2GBで850円のIIJmioの「ギガプラン」などが最安クラスとなるだろう。

povo2.0に続き「IIJmio」も…相次ぐ手続き遅延! 楽天モバイル0円終了の影響大?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidIIJmiopovo2.0格安SIM楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。