楽天モバイル、パートナー回線の追加データ量を7月から1GB/660円に値上げ!

「楽天モバイル」では、2022年7月1日から導入される新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」に合わせて、月1GBまで0円が廃止されることが話題となっているが、実はこっそりパートナー回線の1GB追加料金を660円に値上げすることはご存じだろうか? もし、楽天モバイル回線がつながらずパートナー回線で接続している人にとっては、重大な影響があるので、今回はその詳細を解説しよう。

楽天モバイルのパートナー回線って何?

楽天モバイルは、従来の月1GBまで0円のプランを廃止し、2022年7月1日からは最低でも月3GBまで月額1,078円がかかる新プラン「「Rakuten UN-LIMIT VII」を導入することになった。これについてはこちらの記事で詳細を確認してほしい。

だが、楽天モバイルではこの新プラン投入に合わせて、パートナー回線のデータ量追加料金を値上げすることはあまり知られていない。

そもそも、楽天モバイルでは自社回線がつながらないときは、パートナー回線(au回線)でローミング接続されるが、これは月5GBまでとなっている。楽天モバイルのパートナー回線について知りたい人はこちらの記事で確認できる。

もし、パートナー回線でしか接続できない人が月5GBを超えてしまった場合は、データ量を追加購入することになるが、7月からその料金が1GBにつき110円値上げされることになる。

楽天モバイルユーザーの環境によっては、重大な影響があるので、今回はその詳細を解説したいと思う。

パートナー回線(au回線)

楽天モバイルはすでに2022年2月時点で人口カバー率96%を達成しているが、自社回線が接続できない場合はパートナー回線(au回線)で接続されることになっている

楽天モバイル、パートナー回線の追加データ量を7月から1GB/660円に値上げ!のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidauパートナー回線楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。