キャッシュレス決済比率がついに30%超え、利用増加の理由とは?

日常生活で多く目にするようになったキャッシュレス決済。現金はほとんど持ち歩かず、支払いの大部分をキャッシュレス決済で済ませているという“完全キャッシュレス”の人もいるのではないだろうか。筆者もそのうちの一人で、わざわざ現金を引き落とす手間も、手数料もかからないキャッシュレス決済は必要不可欠なものになっている。

今回はそのようなキャッシュレス決済に関するニュースをご紹介。現在の国内のキャッシュレス決済事情とは!?

日本国内のキャッシュレス決済の利用率が初の30%超!

キャッシュレス支払額及び決済比率の推移

割合が年々増加していることがグラフからよくわかる(​「経済産業省」調べ)

最近、多くのコンビニやスーパー、飲食店などで導入されているキャッシュレス決済。導入店舗の増加とともに、利用者も増えてきているように感じるが、今回その利用率が明らかになった。

なんと、2021年のキャッシュレス決済比率が32.5%となり、日本ではじめて3割を超えたというのだ。経済産業省のデータによると、2008年から利用率は年々右肩上がりだったようだが、20%を超えたのは2016年。少しずつ勢いが増していき、今回2021年で30%に到達したということだった。

それでも、他国と比べると日本はまだまだのようで、なんと隣の国の韓国ではキャッシュレス決済の利用率は96%だという。これには筆者も驚いた。韓国に行ったら現金で支払いをしている人を見つける方が難しいようだ。

利用者が増え続けるキャッシュレス決済だが、増加の理由はいったいなんなのだろうか。

キャッシュレス決済比率がついに30%超え、利用増加の理由とは?のページです。オトナライフは、【マネーau PAYd払いPayPayQRコード決済キャッシュレス楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。