ユーザーの本音は「ポイント付与」ではなく約7割が「値引き」がいいと回答【ミスタートラボルタ調べ】

「1,000円値引きします」と言われるのと、「1,000円分のポイントを付与します」と言われるのと、どちらの方が魅力的に感じるだろうか。合同会社ミスタートラボルタが楽天市場のユーザー300名にアンケートを行った結果、約7割の人が値引きを選択する傾向がわかった。年代や自分用に買う際とプレゼント用に買う際と少し割合は変動するが、全体的に値引きの方が求められるようだ。

「値引き」と「ポイント付与」、あなたはどっちを選ぶ?

アンケートの対象者

このアンケートの回答者は30~50歳の女性が多かった(​「合同会社ミスタートラボルタ」調べ)

「値引き」と「ポイント付与」と聞いて、どちらを魅力的と感じるだろうか。楽天市場のユーザー300名にアンケートを行ったところ、状況や購入金額によって多少の差はあれど、約7割の人が「値引き」のほうがよいと考える傾向にあることがわかった。(ミスタートラボルタ調べ)

この調査の背景には、小売業の会社が楽天市場などのセールの際に値引とポイント還元、どちらがよりユーザーに喜んでもらえるかの把握がしたかったことがある。セールでは、値引きするかポイントを付与するかの主に2パターンがあり、いろいろな条件下でも全体的に値引きを求める人が多い。

ポイント還元となると、実際に得をするのが次の買い物時になるので、場合によっては買い物の機会がないままポイント失効という危険があることが、要因のひとつかもしれない。

ユーザーの本音は「ポイント付与」ではなく約7割が「値引き」がいいと回答【ミスタートラボルタ調べ】のページです。オトナライフは、【マネーau PAYd払いPayPayQRコード決済ポイント楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。