格安SIMなどのMVNO市場、シェア2位のNTTコミュニケーションズを上回った1位は?

格安SIMが気軽に利用できる昨今、MVNO市場が盛況だ。2021年までは右肩上がりの成長を続けており、同年に強力なライバルとなる「新プラン」がキャリア各社から相次いで発表されたことで、一時的に苦戦を強いられはしたものの、2022年3月末の数字では前回調査を上回り回復の兆しが見えてきているようだ。

今回は、そのようなMVNO市場の現状についてお伝えしていきたい。

MVNO市場のシェアNo.1はインターネットイニシアティブ!

MVNO市場のシェアNo.1はインターネットイニシアティブ!(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

スマホ市場全体から見ると6.3%の大きさになるMVNO市場

ICT市情調査コンサルティングのMM総研は6月23日、国内MVNO市場の2022年3月末時点での実績を発表した。その内容によれば、「独自サービス型SIMの市場規模」は1,259.4万回線、「携帯電話契約数に占める独自サービス型SIMの契約数比率」は6.3%を記録した。これはピークとなる2020年9月末の1,536.6万回線(8.2%)と比較すると落ち込んではいるものの、2021年9月末に実施された前回調査(1,239.5万回線)と比較すると微増だ。「ahamo」などの新プランにユーザーを奪われはしたものの、ここから回復を目指していきたいところだろう。

SIMの市場規模

独自サービス型SIMの市場規模(ММ総研調べ)

そのような国内MVNO市場において、事業者シェア1位となったのは「IIJmio」・「BIC SIM」などを提供するインターネットイニシアティブだった。とくに、IoT用途を含む法人向け回線で1年間のうちに27.8万回線が増えているといい、好成績を支える結果になっている。また、IIJmioは楽天モバイルの“0円廃止”の際にも申込みが集中。この調査後もシェアをさらに拡大させている可能性も高そうだ。

そして、事業者シェア2位には「OCN モバイル ONE」などを提供するNTTコミュニケーションズ、3位は「mineo」は関西電力系列のオプテージ。4位は、「BIGLOBE SIM」などを提供するビッグローブが続く結果となった。

OCN モバイル ONE 【NTTコミュニケーションズ】|ドコモのエコノミーMVNO

格安SIMなどのMVNO市場、シェア2位のNTTコミュニケーションズを上回った1位は?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoIoTMVNOOCN モバイル ONE格安SIM】の最新ニュースをいち早くお届けします。