注目を集めるスマホの「デュアルSIM」って何? ケータイの大規模通信障害でも平気?

2022年7月2日から63時間後にようやく復旧したKDDI(au)の大規模通信障害。日本全国で電話が最大3,915万回線がつながりにくくなって大混乱となった。そこでにわかに注目されているのが、スマホの「デュアルSIM」である。果たして「デュアルSIM」とは、いったい何なのだろうか?

デュアルSIMなら通信障害時にもほかの回線が使える!

2022年7月2日未明よりKDDIの大規模通信障害が発生し、63時間に渡ってKDDI回線を利用するauをはじめ、サブキャリアのUQ mobile、格安スマホプランのpovo2.0、au回線を利用する格安SIM(MVNO)まで、最大3,915万回線がつながりにくくなった。

KDDIの大規模通信障害

筆者の友人のスマホはau回線だったので、今回の大規模通信障害により、まったく電話ができない状態が続いて困っていた(筆者撮影)

今回の大規模通信障害よにって、今ネットで話題になっているのが「デュアルSIM」である。デュアルSIMとはその名のとおり“ひとつのスマホで2つのSIMカードを同時に利用できる”こと。

たとえば、ドコモ回線とau回線をデュアルSIM運用していれば、今回のようにau回線がダウンしても、ドコモ回線のほうで電話やネットへの接続が可能になる。

ちなみに、筆者のスマホもドコモ回線(格安SIM)とau回線(povo2.0)のデュアルSIM運用していたので、今回のKDDIの大規模通信障害では何も困ることがなかった。

デュアルSIM運用

「デュアルSIM」とはその名のとおり、ひとつのスマホで2枚のSIMを同時に利用できること。これならau回線がダメでもドコモやソフトバンク回線などが使えるので安心だ(図は筆者作成)

「eSIM」を利用できるとデュアルSIM運用は簡単で格安に!

auの大規模通信障害でも、ドコモやソフトバンクを利用していた人には何の被害もなかったわけだが、実は、今回のような通信障害は過去にドコモやソフトバンクでも起きているので、決して他人事ではない。

やはり、スマホをデュアルSIM運用していれば、イザというときにどちらかの回線が利用できて助かるだろう。でも、デュアルSIMってどうすればいいの? 

まず、デュアルSIM運用をするには、スマホがデュアルSIMに対応している必要がある。これは自分でスマホの仕様を調べるしかないが、まずは、SIMカードスロットにSIMカードが2枚セットできるようになっているか確認してみよう。

「eSIM」を利用できるとデュアルSIM運用は簡単で格安

スマホのSIMカードスロットにSIMを2枚セットできるスマホなら、簡単にデュアルSIM運用することができる(筆者撮影)

こちらはスマホで実際にデュアルSIM運用している状態

こちらはスマホで実際にデュアルSIM運用している状態。ドコモと楽天モバイルの2つの回線が同時利用できるようになっているのが確認できる

だが、SIMカードスロットに1枚しかSIMカードが入らないからといってデュアルSIM運用ができないかといえば、そのようなことはない。

とくに最近は物理SIMカードがなくてもスマホの本体のチップに契約データを書き込める「eSIM」対応スマホも増えており、デュアルSIMが利用しやすい環境が整ってきているのだ。

たとえば、iPhoneの場合はiPhone XR以降の機種ならすべてeSIMに対応しているので、SIMカードスロットに1枚のSIMカードしかセットできなくても、もうひとつの回線をeSIMで契約することでデュアルSIM運用することが可能になっている。

iPhoneの場合はiPhone XR以降の機種ならすべてデュアルSIM運用可能

iPhone XR以降の機種ならeSIMに対応するので、1枚のSIMカードとeSIMとの組み合わせでデュアルSIM運用することも可能となっている(図は筆者作成)

なお、デュアルSIMの具体的な利用方法はこちらの記事が参考になるだろう。

注目を集めるスマホの「デュアルSIM」って何? ケータイの大規模通信障害でも平気?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidaueSIMpovo2.0SIMカードUQモバイルデュアルSIM】の最新ニュースをいち早くお届けします。