相次ぐ楽天の改悪! それでも楽天経済圏に留まったほうがいい人の条件とは?

楽天市場を中心に楽天カード、楽天証券、楽天モバイル、楽天トラベルなど、さまざまなネットサービスを提供する楽天グループ。いわゆる“楽天経済圏”にどっぷり浸かっている人も多いと思うが、ここ1~2年の間に、相次いでサービスの改悪が行われている。そこで今回は、サービスの改悪が続いてもそのまま楽天経済圏に留まったほうがいい人の条件を検証してみたいと思う。

ここ1~2年で楽天グループにどのような改悪があったのか?

楽天市場、楽天モバイル、楽天銀行、楽天トラベルなど、あらゆるネットサービスを提供する楽天グループ。

2022年7月から、月1GBまでなら0円だった楽天モバイルが、最低でも月額1,078円がかかるように改悪されたことが大きな話題となった。

しかし、楽天グループの改悪はこれだけではない。とくに楽天経済圏の中核となる楽天市場のポイントサービス「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」の条件は年々悪くなっているし、楽天カードや楽天銀行などでも細かいサービスの改悪も続いている。

果たしてこのまま楽天グループのサービスを継続したほうがいいのか悩んでいる人も多いことだろう。そこで今回は、サービスが改悪されても、なお楽天経済圏に留まったほうがいい人の条件を検証してみる。

■最近の楽天グループのサービス改悪

【1】楽天SPU
・最高倍率15倍→14倍に(2022年4月から)
※「楽天の保険+楽天カード」SPUの終了
・楽天市場のポイント付与対象金額が税込価格→税抜価格に(2022年4月から)
・楽天ゴールドカードのSPU+4倍→+2倍に(2021年4月から)
・楽天銀行を引き落としにした楽天カード払いで+1倍→+0.5倍に(2022年7月から)
※楽天銀行の口座で「給与・賞与・年金」を受取っていると+0.5倍になる
・楽天SPUの月間獲得上限がランクによって最大1万5,000pt→ランクに関係なく一律5,000ptに(2022年7月から)
【2】楽天カード
・公共料金払いの還元率1%[100円で1pt]→ 0.2%[500円で1pt]に(2021年6月から)
【3】楽天銀行
・マネーブリッジによる普通預金金利0.1%→300万円まで。300万円超は0.04%に(2022年4月から)
【4】楽天モバイル
月1GBまでは無料→月3GBまで月額1.078円に(2022年7月から)

ちなみに、オトナライフでも楽天のサービス改悪について解説しているので、詳しく知りたい人はこちらの記事を確認してもらいたい。

■楽天ゴールドカードの改悪について→こちら
■楽天カードでの公共料金支払いの還元率改悪について→こちら
■楽天モバイル「0円」終了について→こちら
■2022年4月からの楽天SPU改悪について→こちら
■2022年7月からの楽天SPU改悪について→こちら

楽天SPU

楽天経済圏は、楽天グループが提供するさまざまなサービスを利用することで、楽天市場での買い物でポイントが最大14倍になる「SPU」が魅力となっている。しかし、その条件は年々改悪されてきた(画像は楽天市場SPU公式サイトより転載)

「楽天カード」を解約しないほうがいい人とは?

楽天グループでの支払いではほぼ必須といえる「楽天カード」。サービスが改悪されてもそのまま使い続けたほうがいいのは、いったいどのような人なのだろうか?

まず、楽天カードは正社員ではないフリーランスや主婦などでも作れる、比較的審査の緩いクレジットカードだと言われている。もし、楽天カードを解約してしまうとほかのクレカの審査が通らない可能性もあるだろう。

次に、楽天カードは買い物でのポイント還元率が常に1%であり、楽天トラベルではポイントが2倍、楽天市場では3倍になる。また、スマホ決済サービスの楽天ペイでも楽天カードから残高チャージすると1.5%還元が受けられるのもうれしいポイントだ。

とくに年会費1万1,000円の楽天プレミアムカードを所有していると、楽天市場でのポイントが5倍、誕生月には6倍になるので、楽天経済圏では必須のクレカである。

また、ノーマルカードでも最大2,000万円の海外旅行保険(利用付帯)が付帯するほか、楽天プレミアムカードでは、最大5,000万円(自動付帯は4,000万円)の海外旅行保険も付帯するなど、まさにプレミアムなサービスが受けられるのだ。

しかも、楽天プレミアムカードは世界1,200カ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」(年会費429ドル=約5万8,773円)が付帯するなど、年会費を簡単に回収できるサービスが満載されているので、意外とお得なのだ。

さらに、楽天カードでは1人で2枚の異なる国際ブランド(VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス)のクレカを作成することも可能で、そのメリットは意外と大きい。

たとえば、倉庫型スーパー「COSTCO(コストコ)」で使えるクレカはMastercardのみだが、楽天カードでVISAとMastercardの両方を所有していれば、ポイントを貯めるチャンスを逃すことがなくなるというわけである。

●楽天カード→こちら
●楽天プレミアムカード→こちら

楽天カード

画像は年会費無料のノーマル楽天カードだが、楽天経済圏ではほぼ必須と言える。とくに楽天市場での利用でポイントが3倍になるのは大きい(画像は楽天カード公式サイトより転載)

楽天プレミアムカード

楽天のヘビーユーザーや海外旅行好きな人にオススメしたいのが楽天プレミアムカード。受けられるサービス内容を考えると年会費1万1,000円はむしろ安い印象だ(画像は楽天カード公式サイトより転載)

相次ぐ楽天の改悪! それでも楽天経済圏に留まったほうがいい人の条件とは?のページです。オトナライフは、【マネー楽天楽天カード楽天ペイ楽天モバイル楽天市場楽天経済圏楽天銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。