PayPay一強! マイナポイント登録に3人に1人が選んで登録者1,000万人突破!

「PayPay」でのマイナポイント登録者が1,000万人を超え、ポイント付与権利総額も1,300億円分超。「マイナポイント第2弾」では、2022年12月末までにマイナンバーカード申請、2023年2月末までにマイナポイント申込みで、最大で2万円分のポイントが付与されるということを、意外と知らない方もいらっしゃるのではないだろうか。

マイナポイント第2弾実施後の伸びが半端ないPayPay

PayPay株式会社は、総務省が実施しているマイナンバーカード取得者を対象としたポイント還元施策「マイナポイント事業」におけるPayPayへの登録者が2022年9月に1,000万人を突破したことを発表した。ポイント付与権利総額も1,300億円を超えたという。2022年6月30日から8月5日までの「マイナポイント第2弾」の申込件数は1,050万件。そのうち、同期間のPayPayへの申込件数はなんと3割以上を占めていた(PayPay株式会社調べ)。

PayPayマイナポイント登録者1,000万人突破!

マイナポイント登録者数は1000万人を超えた(画像は「PayPay」公式サイトより引用)

100種類以上のキャッシュレスサービスがある中で、マイナポイントを登録した方の3人に1人がPayPayを選んだことになる。PayPayの人気の根強さは他を圧倒するものがある、と言わざるを得ないだろう。

マイナポイント、2万円分もらえるのなら考えてみるのもアリ?

PayPayのマイナポイント申請画面

実は筆者も1,000万人超の中の1人なのだが、日ごろ使っているキャッシュレス決済で登録するのがオススメです

「マイナポイント第1弾」も「マイナポイント第2弾」も、登録者数No.1はやはりPayPay(ICT総研調べ)。なお、「マイナポイント第2弾」では、2022年12月末までにマイナンバーカードを申請し、2023年2月末までにマイナポイントを申し込めば、最大2万円分のポイントが付与される。

今や誰もが知るPayPayだが、当記事を読みながら、「マイナンバーカードの申請だけで?え?そんなにポイントもらえるんだ?じゃあ…」と重い腰を上げた方も、中にはいらっしゃるのではないか。(いるはず…。いないですか……?)よければ、この機会にマイナンバーカード申請期限も、12月末まで延長されているので検討してみてはいががでしょうか。

オトナライフではマイナポイントをもらう方法については、過去にたくさん取り上げているので、ぜひ参考にしていただきたい。申請自体は案外、簡単なものなのである。「膨大な記事の中からそんなの探し出せないよ〜なんだかめんどくさくなっちゃったな〜」という方のために、このようなものも用意しました。

#マイナポイントのもらい方→こちら

いざ申請すると決めてしまえば、あとはマイナポイントという臨時ボーナスをどう使おうか、あれこれ悩むだけでいい。なんとなく抗ってきたけど、どうせいつかはマイナンバーカードの申請も必要になるなら、おトクなこのタイミングで…という考え方はいかがだろうか。

ちなみに赤ちゃんや子どもでも2万円分のポイントがもらえるので、詳しくはこちらも参考にしほしい。

出典元:マイナポイント登録者が1,000万人超え、ポイント付与権利総額も1,300億円分超【PayPay

※サムネイル画像(Image:DenPhotos / Shutterstock.com)※画像は一部編集部で加工しています

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

PayPay一強! マイナポイント登録に3人に1人が選んで登録者1,000万人突破!のページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレスマイナポイント】の最新ニュースをいち早くお届けします。