LINE利用率がダントツすぎる!10~70代の全世代で9割を上回る結果に

モバイル社会研究所は2014年以降、毎年「一般向けモバイル動向調査」を実施してきた。そして、2022年も同様に調査を実施。年毎の推移を追っていくと、年々、勢力を拡大しているダントツの連絡手段があったのだ。あなたは普段家族や友人と連絡を取り合うとき、どういう手段を使っているだろうか。自分や周りの人の様子を思い浮かべながら、この調査結果と照らし合わせてみてはいかがだろうか。

年々、着実に利用率を伸ばしてきたLINE

友人に日常会話を伝えるために最も多く使う手段の年次推移

コロナ禍で普及したビデオ通話は、今後の連絡手段のひとつとして定着するのだろうか(「モバイル社会研究所」調べ)

さっそく「友人に日常会話を伝えるために最も多く使う手段の年次推移(単一回答)」という項目の調査結果からご紹介していこう。2014年には「LINEでのメッセージ」はわずか16.7%。「携帯電話でのメール」は32.1%、「携帯電話での通話」は21.0%、「固定電話での通話」は12.4%、そして「直接会って伝える」が8.6%、「その他」が9.2%と続いた。

年毎の推移を見てみると、明らかに減少しているのは「携帯電話でのメール」だった。2014年の32.1%から、2022年には8.4%と、4分の1ほどにまで減少しているのだ。また、「固定電話での通話」も2014年には12.4%であったが、2022年には5.8%と半数以下にまで減少。そして、「携帯電話での通話」は2014年の21.0%から2022年には16.0%と微減している。

その一方で、メキメキと勢力を拡大したのは「LINEでのメッセージ」だった。2014年にはわずか16.7%だったが、2020年には53.1%となり過半数を突破。2022年には58.1%と6割目前にまで迫っている。

LINE利用率がダントツすぎる!10~70代の全世代で9割を上回る結果にのページです。オトナライフは、【SNSFacebookInstagramLINESNSTwitter】の最新ニュースをいち早くお届けします。