【マイナポイント・マイナンバーカード】よくあるトラブル事例とその解決方法!

マイナンバーカードのスキャンと暗証番号の間違いに注意!

 マイキーIDの取得でありがちなトラブルは、まず、スマホがマイナンバーカードの読み込みに対応していないこと。iPhoneなら「7」以降、AndroidはNFC対応でマイナンバーカードの読み込みに対応する一部の機種でないとダメ。スマホの対応機種はこちらのPDFで確認してみよう。また、パソコンのICカードリーダーもマイナンバーカードのセキュリティに対応する機種でないと利用できない。対応機種はこちらのPDFで確認できる。また、「マイナポイント」アプリでエラーが出る場合は「JPKI利用者ソフト」をインストールすることで解決する場合がある。
 筆者はスマホもパソコンも使えなかったので、友だちのiPhone Xを借りて家族3人分のマイキーIDを取得している。もし、それも難しい場合はマイナポイント手続きスポット(役所の担当窓口・郵便局・コンビニのマルチコピー機・携帯ショップなど)に出向いてマイキーIDを取得することも可能だ。
 そして、もっとも多いトラブルが、スマホ利用時にマイナンバーカードを読み取れないこと。これはカードのかざし方がよくないことが主な原因で、筆者も何度か経験している。暗証番号を入力する前に机にカードを置き、表示されている図のようにスマホとピッタリくっつけて、動かさないのがポイント。対応機種でもなぜか読み込めないことがあるので何度か試した方がよい。ちなみに、Androidスマホは「NFC」がオフになっているために読み込めない場合も多いので、事前に確認しておこう。ただし、カードのスキャンを何度も繰り返しているうちに、数字4桁の暗証番号を3回以上間違えてロックされてしまうことがある。この場合は『マイナンバーカードの暗証番号を3回間違えてロックされた! どうすればいい!?のように、役所でロックの解除手続きを行うことになるので、くれぐれも暗証番号の入力は慎重に行おう。

(Image:mynumbercard.point.soumu.go.jp)

マイナポイントの予約・申込はNFC対応スマホかICカードリーダーのあるパソコンで可能。いずれも用意できない人は、役場の窓口、郵便局、コンビニのマルチコピー機、携帯ショップなどのマイナポイント手続きスポットでも手続きできる

写真のように、対応スマホにマイナンバーカードを密着させてスキャンさせるが、意外と読み込めないことが多い。カードを机の上(金属製はNG)に置いて、あまり動かさないようにして何度かチャレンジしてみよう。ちなみに、時間をおいて翌日やってみたり、スマホのカバーを外すことで読み込める場合もある

マイナンバーカードが読み込めないと、何度も数字4桁の暗証番号を入力することになるが、これを3回以上間違えてしまうとロックされてしまう。もし、ロックされると役所に出向いてロック解除してもらうしかないので要注意!

対応スマホなのに「マイナポイント」アプリでエラーが出る場合は、「JPKI利用者ソフト」をインストールすることで解決する場合がある

とくにAndroidスマホの場合は「NFC」をオフにしているためにマイナンバーカードが読み込めない場合も多い。作業を始める前に確認しておこう

【マイナポイント・マイナンバーカード】よくあるトラブル事例とその解決方法!のページです。オトナライフは、【マネーAndroidiPhoneQRコード決済キャッシュレスクレカマイキーIDマイナポイントマイナンバーカード】の最新ニュースをいち早くお届けします。