LINE payからの銀行振込は相手の口座番号を知らなくても振込・送金できるって知ってた!

口座番号が分からなくても振り込みが可能!

 LINE Payは、振り込みたい相手の口座番号が分からない場合でも、SMSやメールアドレスで振り込むことも可能だ。前述と同じやり方で「口座に振込」のページを開いたら、「SMS・Eメール」を選択しよう。電話番号かメールアドレスと振込先の口座名義(相手)、振込人名(自分)、そして金額を入力すればいい。あとは、メッセージを受け取った相手が、自分で振込先を指定すると、お金を受け取ることができるのである。
 ただし、相手がLINEユーザーでない場合は、本人確認ができないと振り込みが完了しない。筆者も今回、慌てて友人のLINE非対応のガラケーにうっかり送金をして、お金を受け取れない事態に陥ってしまった。その場合は、キャンセルすればいいが、振り込む前の確認は大事だろう。
 なお、LINEは使っていてもLINE Payは使っていない人も多い。そんなときは→こちらを参考にして使えるようにしてあげよう。

口座番号が分からない場合は「SMS・Eメール」を選んで相手の電話番号かメールアドレス、振込先の口座名義、振込人名を全角カナで入力し、「次へ」をタップ(左写真)。振込金額を指定して「送金」をタップし、確認画面が表示されたら「確認」を押せばよい(右写真)

すると、振込先の相手には【1】「LINE Pay振込通知」というメッセージが届く。【2】受け取った側はメッセージ内のリンクをタップする。すると【3】本人認証が開くが、このとき【4】メッセージに認証番号も届くので、この認証番号を本人確認欄に入力すればいい

これで、相手は誰からいくら振り込まれるのか確認できるので、「口座情報を入力」をタップ(左画面)。「口座情報を入力」画面では、自分の口座を入力して「完了」を押せばお金を受け取れるのだ

処理中ならキャンセルすることも可能

 いかだだろうか? LINE Payなら相手にいちいち銀行口座を聞かなくても、簡単に銀行振込できるのがお分かりいただけただろう。ちなみに、相手が受け取るまではキャンセルすることが可能。「送金・送金依頼履歴」で「処理中」となっていれば、「キャンセル」を押すことで振り込みを中止することができる。何等かの理由でキャンセルするときもあるかもしれないので、是非覚えておこう。

「口座に振込」の下にある「送金・送金依頼履歴」で「処理中」となっていれば、「キャンセル」を押すことで振込を中止することも可能(左写真)。「確認」を押せば振り込みがキャンセルされる(右写真)

●LINE Pay(公式)は→こちら

LINE payからの銀行振込は相手の口座番号を知らなくても振込・送金できるって知ってた!のページです。オトナライフは、【マネーLINELINE payQRコード決済キャッシュレス銀行振込】の最新ニュースをいち早くお届けします。