結局どこがいい? ahamo、povo、LINEMO、 3大キャリア格安20GBプランを比較してみた!

ドコモの「ahamo(アハモ)」、auの「povo(ポヴォ)」、ソフトバンクの「LINEMO(ラインモ)」3大キャリアの格安20GBプランが2021年3月に一斉にサービスを開始した。今や誰もがスマホの料金を見直さないと損する時代である。そこで今回は、3大キャリアの格安20GBプランに焦点を当て、何がどのように違うのか? どんな人にどのプランが向いているのか解説しよう。

まずはahamo、povo、LINEMOの共通点を確認しておこう!

 2021年3月、ソフトバンクの「LINEMO(ラインモ)」、auの「povo(ポヴォ)」、ドコモの「ahamo(アハモ)」が一斉にサービスを開始した。いずれのプランも20GBで月額3,000円程度という激安価格。従来の料金の半額程度で利用できるのだから、3大キャリアユーザーなら乗り換えを検討すべきだろう。だが、これら3大キャリアの格安20GBプランはネット申し込みのみで、今までように店頭で申し込んだり電話でサポートを受けたりすることはできない。しかも、キャリアメールや留守番電話が使えなかったり、家族割や光回線割なども受けられなかったりするので、まだ様子見だという人も多いだろう。そこで今回は、3大キャリアの格安20GBプランは、いったい何が同じで何が違うのかじっくりと解説したいと思う。
 まず、3社の共通点はいずれもネット申し込みだけで、店頭での受付やサポートは受けられないこと。次にデータ通信量の上限はいずれも20GBであり、20GBを超えると1Mbpsの低速になるが、データ量1GBを550円で追加できる。そして、キャリアメールや留守番電話サービスは使えないことである。また、次世代移動体通信規格の「5G」についてはいずれも対応(povoは2021年夏以降)する。

■3大キャリア格安20GBプランの共通点
【申し込み方法】ネットのみ(店頭はNG)
【店頭サポート】なし
【データ通信量】月20GB
※20GBを超えると1Mbpsの低速になる
【データ量追加】1GB/550円
【キャリアメール・留守電】なし
【5G対応】あり
※povoは2021年夏以降対応予定

(Image:ahamo.com)

ahamoだけが1回5分かけ放題込で月額2,970円。完全かけ放題は月額1,100円で追加できる。また、海外ローミングも20GBまで無料で利用できるのが特徴。ただし、データの書き換えだけで利用できる「eSIM」には非対応(検討中)で物理SIMのみ。また、家族割や光回線割はカウントのみ有効で割引きはない

(Image:povo.au.com)

povoは、電話かけ放題などを別料金のトッピングにすることで月額2,728円を実現。1回5分かけ放題は月額550円、完全かけ放題は月額1,650円、1GB追加は550円、データ使い放題24時間は220円で追加できる。光回線割はなし、家族割は2021年夏までに加入した場合のみカウントされる(割引なし)

(Image:linemo.jp)

LINEMOも、かけ放題は別料金で月額2,728円。LINEアプリのデータ通信をカウントしない(LINEギガフリー)ため、LINEの通話はかけ放題となるのが大きな特徴。ただし、家族割や光回線割は非対応でソフトバンクやワイモバイルからの乗り換えでも、スマホのSIMフリー化が必要になる

結局どこがいい? ahamo、povo、LINEMO、 3大キャリア格安20GBプランを比較してみた!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoauLINEMONTTドコモpovoソフトバンク】の最新ニュースをいち早くお届けします。