PayPayで話題の「ボーナス運用」を実際にやってみたら2カ月後に驚きの結果が!

今や大手銀行の普通預金金利はわずか0.001%と史上最低だが、それでも、やはりリスクのある株や投資信託をいきなり始める勇気はない……。そんな慎重派のアナタにオススメしたいのが、“PayPayでもらったボーナスが勝手に増える”と話題の「ボーナス運用」だ。そこで今回は、実際に筆者がPayPayボーナスが増えるかどうか検証してみたいと思う。約2カ月運用した結果は驚くべきものだった!

PayPayボースを増やせる「ボーナス運用」って何なの?

(Image:paypay.ne.jp)

 現在、大手銀行の金利は0.001%と史上最低水準だ。これは、100万円を預けても1年後にもらえる利息はたったの10円(税引き後は約8円)しかないことを意味する。だからといって、元本保証のない株や投資信託といった投資に手を出すのも怖い……、なんて考えているアナタにオススメしたいのが、PayPayの「ボーナス運用」である。
 今やQRコード決済サービスNo,1となった「PayPay」。PayPayを利用すると最大1.5%のポイント(PayPayボーナス)が付与されるが、「ボーナス運用」はもらったポイントで投資できるというもの。これなら、現金を投資するのと違い万一損失が出てもさほど痛くはないだろう。もちろん、PayPayのボーナス運用は証券会社の口座を開く必要もなく、ゲーム感覚で手軽に始められるので、本格的に現金で投資を始める予行練習にもなる。実はPayPayのボーナス運用はすでに300万人が行っており、95.9%の人の運用ポイントが増加し、平均運用利益は18.5%もあるという。そこで今回は、実際に筆者がPayPayの「ボーナス運用」を2カ月間やってみたぞ。その結果やいかに?!

まず、PayPayのホーム画面にある「ボーナス運用」をタップしよう(左写真)。初回はユーザー情報の連携ページが表示されるので画面に従って「続ける」をタップしよう(右写真)

ボーナス運用は「PayPay証券」が行うので「上記に同意して続ける」をタップ(左写真)。ポイント運用とはいえリスクがある投資なので、損失が出ることもある。注意事項を確認して「確認しました」をタップしよう(右写真)

「自動追加」は毎月定額の積立投資になる。お試しなら「閉じる」をタップしよう(左写真)。次にどのコースが適しているかアンケートで判断される。終わったら「ボーナス運用をはじめる」を押そう(右写真)

運用を始めるには画面上の「運用する」をタップする(左写真)。投資するコースは「チャレンジコース」か「スタンダードコース」の2つがあるので、どちらかを選択しよう(右写真)

コースを選んだら投資するポイント(金額)を入力して「追加する」をタップしよう(左写真)。確認画面が表示されたら「追加する」をタップすると、この画面が表示される(右写真)。これで運用が開始された

PayPayで話題の「ボーナス運用」を実際にやってみたら2カ月後に驚きの結果が!のページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレスボーナス運用】の最新ニュースをいち早くお届けします。