マイナポイント第2弾スタート!確実に2万円をもらうために今やるべきことまとめ

いよいよ2022年1月1日から「マイナポイント第2弾」が開始された。第1弾に乗り遅れた人も、すでに第1弾に参加した人でもポイントをもらえるので、損しないように今からその内容をしっかり確認しておきたい。そこで今回は、マイナポイント第2弾について、今わかっていることをまとめて解説しよう。これで確実に最大2万ポイントをゲットできるぞ!

マイナポイント第2弾とは何か? 基本をチェック!

そもそも「マイナポイント」とは12桁の個人番号を記載した「マイナンバーカード」取得者がもらえるポイントのこと。

キャッシュレス決済を利用することで決済金額の25%(最大5000pt)がもらえる第1弾は2021年12月末で終了したが、マイナンバーカードの取得率は40%程度しかないため、引き続き2022年1月から第2弾が開始されたというわけだ。

第2弾の内容は、まず第1弾と同じキャッシュレス決済の利用で、決済金額の25%(最大5,000pt)がもらえるというもの。ただし、第1弾に申し込んで上限の5,000ptをゲットした人は第2弾に参加できない。

次に、マイナンバーカードの健康保険証利用申し込みをすると7,500ptがもらえる。こちらは第1弾に参加した人やすでに健康保険証利用手続きを済ませた人も対象となるがポイントの付与方法は不明。

そして、マイナンバーカードに公金受取口座登録を行うと7,500ptがもらえる。こちらも第1弾に参加した人も対象となるが、まだ登録申請は始まっていおらず、ポイントの付与方法も不明だ。

つまり、マイナポイント第2弾は、この3つをすべて達成することで、合計2万ptがもらえる仕組みなっている。

もし、まだマイナンバーカードを持っていない人は→こちらを参考にして、今すぐマイナンバーカードを申し込んでほしい。申し込みから取得までは1カ月ほどかかる。

マイナンバーカードのイメージ(Image:mynumbercard.point.soumu.go.jp)

マイナポイントはマイナンバーカードを持っていることが最低条件だ。まだ持っていない人は、今すぐ取得しよう!

マイナポイント第2弾を2022年1月1日から実施(Image:mynumbercard.point.soumu.go.jp)

こちらが第2弾の内容。キャッシュレス決済で5,000pt、マイナンバーカードの健康保険証利用申し込みで7,500pt、公金受取口座登録を行うと7,500pt。この3つを達成すると合計2万ptがもらえる仕組み

キャッシュレス決済で最大5,000ptをもうら方法

マイナンバーカードを新規で取得したら、すぐにキャッシュレス決済に申し込んでみよう。第2弾対応のキャッシュレス決済サービスは、第1弾から継続しているところが多いが、「PASMO」「メルペイ」「FamiPay」「mijica」「Kyash」など、すでに第1弾で終了しているサービスもある。

また、JR東日本の「Suica(スイカ)」は第2弾でも独自に1,000ptをプラスして、最大6,000ptをもらえるキャンペーンを実施中だ。詳しくは→こちらで確認してほしい。

キャッシュレス決済の申し込み方法はスマホの「マイナポイントアプリ」や、パソコンで「マイナポイント予約・申し込みサイト」から申し込める。

スマホもパソコンもない人は、役所の窓口、郵便局、携帯電話ショップ、イオン、みずほ銀行、ヤマダ電機、ビックカメラ(コジマ・ソフマップ)、セブン銀行ATM、ローソンのマルチコピー機などを利用することで申し込めるようになっている。

スマホでの申し込み方法は→こちらで、ローソンのマルチコピー機は→こちらで確認してほしい。

スマホでのマイナポイントの申し込み方法

マイナポイントの申し込みは、NFC(おサイフケータイ)対応のスマホがあれば、自宅にいながら簡単にできる。iPhoneなら「7」以降がNFCに対応しているぞ

スマホがないときのマイナポイントの申し込み方法

スマホがないときは、全国のローソンに設置されたマルチコピー機でマイナポイントを申し込むのがいいだろう。行政サービスから「マイナポイント」をタッチすればOKだ

郵便局、携帯電話ショップ、家電量販店でのマイナポイントの申し込み方法

みずほ銀行や郵便局、携帯電話ショップ、家電量販店などには、このような端末が設置されている。場所によっては店員さんに操作方法を聞くこともできるので安心だ

キャッシュレス決済で注意したいポイントは?

マイナポイントは、キャッシュレス決済に申し込んだだけで5,000ptが自動的に付与されるわけではない。実際に、キャッシュレス決済を利用して買い物をしたり残高にチャージすることで、決済金額の25%(最大5,000pt)のマイナポイントがもらえるのだ。

また、“マイナポイント”というポイントがあるわけではなく、自分で申し込んだキャッシュレス決済サービスのポイントが付与されることになっている。

たとえば、楽天ポイントで申し込めば、楽天ポイントがもらえるので、普段から良く使っているキャッシュレス決済サービスを選ぶのが基本となる。

さらに、au PAYのように2万円を残高にチャージすると一気に5,000ptを確保できるサービスもあるが、クレジットカードなどは2万円以上使わないと、25%分の上限5,000ptには達しないので注意したい。au PAYでの手順は→こちらを参考にしてほしい。

なお、キャッシュレス決済で2万円使っても安心できない場合もある。たとえば、Suicaや楽天Edy、nanaco、WAONといった電子マネー系は、もらったポイントを残高にチャージしないと買い物には使えないのだ。

しかも、ポイントの交換期限が設定されている場合もあるので、もらったマイナポイントが失効しないように、早めに残高チャージしておくことも忘れずに!

au PAYでのマイナポイントの申し込み方法

au PAYでは残高に2万円をチャージすると、即5,000ptが付与される。あとは、ゆっくりと5,000ptを普段の買い物で使えばいいので安心だ

楽天Edyで「Famiポート」を使ったマイナポイントの申し込み方法

楽天Edyの場合は、ファミマに設置された「Famiポート」などで、毎月付与されるポイントを受け取る作業を行わないと買い物に利用できない。しかも、受け取り期限があるので要注意!

マイナンバーカードに健康保険証の利用登録して7,500ptをもらう方法

マイナンバーカードに健康保険証の利用登録をすると7,500ptがもらえる。これは第1弾に申し込んだ人や、すでに健康保険証の利用登録を済ませた人も対象となる。

ただし、現時点でどのようにマイナポイントが付与されるのかは分からない。おそらく、公式サイトの「マイナポータル」からキャッシュレス決済を選んだり、キャッシュレス決済サービスのアプリから申し込めるようになるのだろう。

健康保険証の利用登録は、NFC(おサイフケータイ)対応スマホさえあれば、マイナポータルサイトから簡単にできる。もし、NFC対応スマホがない場合でもセブン銀行ATMを利用すればOKなので、今すぐ登録しておこう。

マイナンバーカードに健康保険証の利用登録をする方法については→こちらで詳しく解説している。

ちなみに、マイナンバーカードに健康保険証を登録しておくと、転職・結婚・引越しなどで一時的に健康保険証が手元にない状態でも、マイナンバーカードで病院に行ったり薬局を利用することができて便利だ。

とはいえ、現状では対応する医療機関がかなり少なく、2023年3月末頃までには医療機関や薬局などで幅広く導入されていく予定である。

マイナンバーカードに健康保険証の利用登録方法

スマホのアプリかブラウザで「マイナポータル」を開き「申し込む」をタップ(左写真)。「保険証利用登録」画面を下にスクロールして「同意して次へ進む」を押して手続きすればOKだ(右写真)

セブン銀行ATMを使ってマイナンバーカードに健康保険証の利用登録をする方法

スマホがNFC非対応の場合でも、全国のセブン-イレブンなどに設置されているセブン銀行ATMから、健康保険証の利用登録をすることができる

マイナンバーカードの健康保険証利用イメージ(Image:biz.panasonic.com)

現状ではマイナンバーカードの健康保険証利用に対応する病院や薬局は限定的だが、いずれこれが当たり前になっていく可能性もある

マイナンバーカードに公金受取口座を紐づけて7,500ptをもらう方法

最後に、マイナンバーカードに公金受取口座を紐づけることで7,500ptをもらう制度について解説しよう。こちらも、すでに第1弾に申し込んだ人も対象となるが、実はこの制度はまだ始まっておらず、2022年春以降にスタートすると見られている。

おそらく、公式サイトの「マイナポータル」か、キャッシュレス決済サービスのアプリなどから登録できるようになると思われるが、実際にどのような形でマイナポイントが付与されるのは分からない。

マイナンバーカードに公金受取口座を登録しておくと、今後、コロナ禍の特別定額給付金を受け取ったり、政府から公金(児童手当や年金、所得税の還付金なども含む)が支給されるとき、スムーズに受け取れるようになるので、登録しておいて損はないだろう。

それでも「国に銀行口座を握られるのは怖い」と考える人もいるようだが、“公金受取口座”は、あくまでも公金を受け取るためのもので、さほど心配する必要はない。

どうしても、日本政府が信用できないという人は、マイナンポイント専用にネット銀行口座を新規で作って、残高0円の銀行口座を登録すれば問題ないだろう。

マイナンバーカードに公金受取口座を紐づけする方法

マイナポイント第2弾で満額の2万ptをもらうには、銀行口座の登録が必要になる。専用のネット銀行口座を開設して登録しておけば何も問題はないだろう

(画像は「写真AC」より引用)

●総務省「マイナポイント」(公式)→こちら
●総務省「決済サービス一覧」(公式)→こちら
●マイナポイント(iPhone)→こちら
●マイナポイント(Android)→こちら

※サムネイル画像(Image:mynumbercard.point.soumu.go.jp

マイナポイント第2弾スタート!確実に2万円をもらうために今やるべきことまとめのページです。オトナライフは、【マネーマイナポイントマイナポイントのもらい方マイナンバーカードマイナンバーカードの作り方】の最新ニュースをいち早くお届けします。