povo対応端末に「Galaxy A53 5G」など新たに他社最新スマホを追加

KDDIの「povo2.0」が5月27日、新たに他社の最新スマホ2機種を対応端末に認定した。つい先日、楽天モバイルのオリジナル端末を追加して、“0円プラン”を求めるユーザーたちの注目を集めたのは記憶に新しい。次々とライバル機種を追加して、一気にシェア拡大の攻勢を仕掛けるpovoの最新情報をお伝えしていきたい。

povoが他社の最新端末を「対応端末」認定!

povoの申し込み数は楽天モバイルの“0円終了”後、前月比2.5倍以上の伸びを見せ、その勢いが止まらない

povoの5月27日の発表によると、新たにサムスンとシャオミの最新端末がpovoの対応端末(動作確認端末)に加わったという。今回、追加されたのは5月27日発売の「Galaxy A53 5G」と、30日に発売されたばかりの「Redmi Note11 Pro 5G」という最新の2機種だ。

つい先日、追加した楽天モバイルのオリジナル端末「Rakuten BIG s」「 Rakuten Hand 5G」 にとどまらず、さらにライバルの発売する最新機種を次々に追加することで「うちでも使えますよ。だからpovoに移ってきませんか」というアピールの本気度合いが伝わってくる。

povoといえば、月額基本料金が0円でユーザーのニーズに応じてデータ容量をトッピングできるシステムが真っ先に人気の理由に挙げられる。これに他社の最新端末を対応端末に認定していくとは、まさにpovoがここで一気に攻勢を仕掛けたとみる人も多いのではないだろうか。

povo対応端末に「Galaxy A53 5G」など新たに他社最新スマホを追加のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidaupovopovo2.0楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。