【Z世代】4人に1人が「paypay」を利用していると判明! QRコード決済最強の地位は譲らず

キャッシュレス決済が拡大している現在、普段の買い物や食事などの支払いでクレジットカード決済やQRコード決済を利用している人も多いだろう。コロナ禍を経て進んだキャッシュレス化で、さらにその利用率が高まっていることは多くの調査から判明している。

今回ご紹介するのはデジタルネイティブであるZ世代のお金事情に関する調査結果だ。普段の買い物での決済方法は?貯めているポイントは?なかなか聞きにくい他人のお金事情を覗いていこう。

Z世代の決済方法、現金に次いで多いのは?

Q. 買い物の際の主な決済方法は何ですか?(対象:Z世代・複数回答可)

キャッシュレス決済ではクレカとPayPayの利用率が高い(​「Coeto株式会社」調べ)

音声SNSアプリ「Wacha(ワチャ)」を運営するCoeto株式会社は2022年4月26日~27日、Z世代のお金に関する調査を実施した。対象となったのは、全国のZ世代の男女200人だ。

まずは、「買い物の際の主な決済方法は何ですか?」という質問項目から。一番多かった回答は「現金」で66.5%。現金のメリットとしては、お金の管理のしやすさが挙げられるだろう。財布の中を見れば自分がいくら使ったのかが視覚的にわかるため、使った後はお金が減ったことを実感しやすいからだ。筆者の周りにも、毎月のクレカの請求が思っている以上に高く、クレカだとお金を使いすぎてしまうため、最近はあえて現金で生活しているという人もいる。

現金に次いで多かったのは「クレジットカード」で39.5%。現金を持ち歩く必要がないので、ATM利用にかかる手数料を省くことができる。また、普段の買い物や食事での利用でポイントが付くのもうれしい。大学進学や社会人となって新生活のスタートにともない、クレカを利用しはじめる人も多いだろう。

そしてQRコード決済サービスの回答も複数挙がった。中でも「PayPay」の利用率が高く、全体の26%という結果に。現在多くの店舗で導入されているからか、4人に1人の割合で使用されており、QRコード決済の中で2番目に多い「楽天ペイ」に11%と大きな差をつけた。「キャッシュレス決済はPayPayのみ可能」という店舗をちらほら見かけることもあり、今後も利用率は拡大していきそうだ。

【Z世代】4人に1人が「paypay」を利用していると判明! QRコード決済最強の地位は譲らずのページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済Tポイントキャッシュレス楽天ペイ楽天ポイント】の最新ニュースをいち早くお届けします。