【Windows 10】パソコンのCPU温度を手っ取り早く確認する方法!

パソコンには様々なセンサーが搭載されている。コンピューターの頭脳であるCPUの温度もこれらのセンサーから取得可能だ。今回は、Windows 10でCPUの温度を確認する方法を紹介しよう。確認方法はいくつかあるので、自分にあった方法を使ってほしい。

CPUの適正温度はどのくらい?

 PCには様々な装置が取り付けられており、PCが各装置の状態などを判断できるように各種センサーも多く利用されている。もちろん、PCの頭脳とも言えるCPUには温度を確認するための温度センサーが取り付けられている。本記事では、Windows 10でPCに搭載されているCPUの温度を確認する方法を紹介するが、実際にCPU温度を確認する前にCPU温度の適正値を確認しておこう。PCのCPUの温度を確認できても、適正値が分からなければ異常などは判断できないので注意が必要だ。
 PCにはCPUの冷却方法として、ファンで風を送る空冷式と液体を利用する水冷式があり、後者の水冷式のほうが冷却性能に優れている。しかし、現在の主流は空冷式であり水冷式は一部のハイエンドモデルに限られている。CPUは負荷が大きくなるほど発熱するので、より負荷の大きいハイエンドモデルで水冷式が用いられているのだ。
 空冷式・水冷式どちらもCPUの温度の目安としては、65度~90度を目安と考えておくとよいだろう。また、ハイエンドクラスのCPUで高負荷を与えると、90度台になることもあるので、温度を確認してみて高負荷時に90度台以下であることを目安に考えよう。
 なお、PCを触っていないアイドル時ではCPU温度は30~40度台程度まで下がることもある。これ以上画面表示でCPU温度が下がっている場合には、起動した直後かセンサーの故障が疑われる。

【Windows 10】パソコンのCPU温度を手っ取り早く確認する方法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスCore TempCPUCPU温度HWMonitorWindows 10ケルビンノートパソコンパソコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。